挿し木 アジサイ。 アジサイを挿し木で栽培する 4つの方法

高温時期は花芽ではなく葉芽が出ます。

また、枝を選定したら水揚げをし、水を含ませた土に挿す手順は緑枝挿しと変わりありません。

鉢に枝を挿す 挿し穂の水揚げが終わったら挿し床に挿しますが、挿す際に枝を直接土に入れることは避けなければなりません。
あじさいの枝の中には水分・栄養分を運ぶ管が通っているため、管を潰さないよう慎重に切ってください。 アジサイの剪定場所は、花から数えて2番目の節 赤丸の部分 がベストとされています。 根が十分に生えてきたら、土に植え替えしましょう。 必要に応じて葉にも霧吹きなどで水を与えるとよいでしょう。 慎重に行う二段階の剪定 剪定にも色々な方法がありますが、来年も花を楽しむために失敗が少ないのは2段階の剪定です。 • その後は明るめの日陰で、水切れしないように管理します。 ここでは主な3つの方法について解説します。 また、母の日などの贈り物としていただいたアジサイを挿し木をして増やしてみましょう。 3号ポットなどであれば1本ずつ植えましょう。 落葉樹は冬に植えることが多いですが、アジサイは枝が軟らかくて寒さで傷みやすいため、厳寒期は避けた方が安全です。
その時 アジサイの周りの土を少し高くしておく(根元に水が溜まりやすいように) 地植えで適湿地に植えている場合、真夏に日照りが続く場合を除き、ほぼ自然の雨だけで生長します
剪定バサミ:枝を切るときに使う• ぜひ、気軽に紫陽花の挿し木にチャレンジしてみましょう 紫陽花(アジサイ)の枝「挿し穂」を切る 挿し床を作ったら、挿す枝を用意しましょう
力任せに挿すと枝の挿しこみ部分が傷んでしまう恐れがあるからです 表土に鹿沼土を少しかぶせると、土の乾燥状態が色で判別しやすくなります
アジサイは、庭土に直接挿し木しても根付くものもあるくらい丈夫な植物です 1ヶ月くらいで根がでてきますがそれまでは直射日光はできるだけ避け、半日陰の場所に置くようにしましょう
そのため、余分な葉は土に挿す前に切り落としておくことが必要です 挿し木したあとは日陰で管理 挿し木をしたあとの生育環境にも注意が必要です
右側の2本については、敢えて葉を4枚残しています 紫陽花の剪定時期は夏と冬の年に2回ありますが、挿し木に適した時期にあわせるためにも、秋以降に形成される翌年の花芽を切り落とさないためにも、夏に剪定する方法がおすすめです
節間の長い大型種は大きめの鉢(7号~8号鉢)が良いでしょう 100円ショップなどでは挿し芽挿し木用土も販売されています
28
挿し木したあとは日陰で管理 挿し木をしたあとの生育環境にも注意が必要です。 とくにこれからの「梅雨時期」は気温も上がって、湿度もたっぷりある最適な時期と言えます。 紫陽花(アジサイ)を挿し木するときの注意点 紫陽花の挿し木を成功させて楽しむためには、気を付けなければならないポイントが3つあります。 紫陽花(アジサイ)は挿し木しやすい 紫陽花が挿し木をしやすいといわれている理由は、生命力が強い花であるからです。 アジサイの花が終わり、剪定作業で出た枝も挿してみるのも良いでしょう。 絶対触らないように、ガマンしましょう。
50