ウイイレ ウイング ストライカー。 【ウイイレアプリ2020】ウイングストライカーの選手一覧|ゲームエイト

決定力だけでなく他の数値もまんべんなく高いぞ。

ポジショニングがフォーメーション重視の監督と相性が良いです。

ダブルタッチ• 攻撃エリアが中央の監督、ポストプレイヤーやチャンスメイカー、ナンバー10、攻撃的サイドバックなどのプレースタイルを所持している選手と相性が良いです。

スキル• 軸足当て• シザーズ• ウイングストライカーとは|発動条件 ウイングストライカーの効果と対応ポジション プレースタイル 対応ポジション 効果 ウイングストライカー RWG| LWG サイドから中のスペースへの飛び出しを積極的に行います。

コントロールループ LV30 LV45 オフェンスセンス 88 91 ボールコントロール 92 95 ドリブル 92 94 グラウンダーパス 84 86 フライパス 78 81 決定力 88 90 プレースキック 70 72 カーブ 82 84 ヘディング 61 63 ディフェンスセンス 50 53 ボール奪取 48 51 キック力 78 81 スピード 94 97 瞬発力 95 97 ボディコントロール 90 92 フィジカルコンタクト 75 78 ジャンプ 68 70 スタミナ 85 88 コンディション安定度 8 8 総合値 90 94 ウイングストライカーLWG最強ランキング LWGはRWGに比べると、知名度的にも話題の選手がかなり多くいます。

前作は身長が高ければ高いほどメリットがあったため、身長の低下はかなりの弱体化と言えるかもしれません。

ヒールトリック• (CMF 86)• まとめ ウイイレアプリには21種類もの プレースタイルがあり 、対応ポジションに選手をポジショニングすることで、能力を発揮します。

クロサー タッチライン際にポジションを取り、クロスを狙います。

コントロールカーブ• 有効ポジション ST、OMF LMF、RMF、CMF 2列目からのTOP5• ヒールトリック• 軸裏ターン• サラス フィジカルがあまり高くなく、決定力・キック力が強い もう1枚のCFは、ラインブレイカーをおいて、ラインブレイカーが飛び出したところにラストパスを供給
ノールックパス• プレースタイルについて プレースタイルとは選手が持っているもので プレースタイルによって動きが変わってきます TOP30• 所持している選手は少ないですが、使いこなせれば非常に強力で、ラインブレイカーやインサイドレシーバー、2列目からの飛び出しなどのプレースタイルを所持している選手と相性が良いです
ルーレット• バックスピンロブ• 対応ポジション:DMF アンカーは、前線にボールを送ってもラインを上げず、ボールを下げるときにパスを受けやすい位置に動いてくれます アクロバィックシュート• 今回はそのゲームに搭載されている選手の中から「決定力の数字が最も右ウイング」をランキング化した
まずはRWGとLWGで10人ずつランキングを選んで、さらにその中から最強を決めていきたいと思います 無回転シュート• マリーシア• 無駄な動きをせず相手のシュートに反応してくれるので
このページでは 「ウイングストライカー」のプレースタイルの選手のみをピックアップしてランキングしています 説明 公式の説明からすると、 「中央でボーっと突っ立っている」かのような イメージをうけてしまいますが、 実際は、そういうわけではありません
TOP30• ハードプレス• ノールックパス• バックスピンロブ• マリーシア• インサイドレシーバー 対応ポジション:RWG,LWG,RMF,LMF サイドから中へ絞ってパスを受けに来る ビルドアップ• ナンバー10• コントロールカーブ• アラバ(LSB 86)• 2列目からの飛び出し 対応ポジション:ST,OMF,CMF,LMF,RMF 攻撃時は常に相手DFラインの裏や ゴール前に行くことを意識している
シャペウ• ドロップシュート• もし、ファンバステンでフィジカルに物足りなさを感じた場合は、ルカク一択です 守備的サイドバック• コントロールカーブ• シザーズ• ポジショニングがフォーメーション重視の監督、ボックスストライカーや2列目からの飛び出しなどのプレースタイルを所持している選手と相性が良いです
ポストプレイヤー 対応ポジション:CF 前線でくさびのボール 縦パス を 受けられる位置にポジションを取る 【ウイイレアプリ2021】「ウイングストライカー」最強当たりランキングTOP30 PKキッカー• デコイラン• ポジション適正も非常に広く、前線のポジションをほとんどこなすことができます
シザーズ• おすすめ起用方法 その2• コケ(CMF 86)• 攻撃を組み立てる役割をする その他、1トップの場合と同様の使い方
38 73