静か なる ドン 最後。 ご報告:「静かなるドン」読み終わりました。

一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけ … 『静かなるドン』(しずかなるドン)は、新田たつおによる日本の漫画作品。

【静かなるドンのあらすじ】 普通のビジネスマンである近藤静也は、吹けば飛ぶような下着の会社・プリティでデザインをする仕事をしていました。

日本のヤクザ界が世界の舞台へと誘われるかのようにリチャード・ドレイク5世登場! 一方、関西最大の暴力団・鬼州組が、ついに関東侵攻を始めた…!。

ああいった最終回になるとは!!!!泣けた。

鳴戸亡きあと、静也の右腕として新鮮組を支えてくれるものと思っていたが、生倉にうまくあやつられ、ドンに敵対するようになり……。

彼女の自宅マンションから出火し、焼け跡から女性の死体が発見された。

その裏で、新鮮組幹部の生倉と、鬼州組本部長の胡麻田という、東西の二大卑劣漢が接触していた。

34
彼の跡目を継いで、五代目を襲名した未亡人・龍子は、なんと憧れの秋野さんとウリふたつの美女だった タイトルにあるようにドン地方の自然や風俗は物語のいたるところで描写されている
鳴戸に龍宝、生倉と肘方、川西や馬場花子まで、おなじみの面々が勢ぞろい、感動のフィナーレがついに訪れます 彼女はマイクロチップと引き換えに、静也の解放を求めます
アジトに乗り込んだ静也が見たものは! 真実を知った母・妙の覚悟とは! 静也は、この機会に殺し屋・Mr. 漫画史上に燦然と輝く大河ロマン、堂々の完結です! そんなとき、マフィアとの大きな争い以降、仲良くなった生倉と肘方が新鮮組の総本家にきます 裏で糸を引いていた男は、あの……! 義兄弟の契りを交わした龍馬の死、それにプリティ社長・秋野に別れを告げ、怒りと絶望に満ちた静也は、すべてを支配していた黒幕、世界皇帝リチャード・ドレイク5世に一矢報いようと、単身ヨーロッパへと向かった! そこに待ち受けていたものは……! 『静かなるドン』第50巻のあらすじ 静也の暗殺を謀ったため、大久保親分の自宅に監禁された、静也の異母妹・静子
しかし、強敵・骨手牛率いる鬼州組がこれを迎撃、骨手牛の必殺ワザ・頭ぎゅ~~~! 一時は赤軍に対して優位に立ったものの、次第に勢力を強めていく赤軍の前に劣勢が明らかになって行く 子育てと仕事の合間を縫ってなんとか時間のやりくりをしているうちに月日は流れ、2歳7か月の娘も晴れて「静かなるドン」と言えるように
『静かなるドン』第5巻のあらすじ 凄絶な銃撃戦の末、鬼州組の武闘派、芹沢・鬼斬コンビを「まぶたの母作戦」で撃退した静也 もう静也の心の中に秋野さんはいなかった
失脚した天王寺の愛人だった、美人女優の立木美沙子は、さっそく沢木に、そして静也にまで接触を始める しかし、跡目を巡って、肘方と生倉の争いが激化
それにしても秋野さんの姉御っぷりが・・・彼女が静かなるドンでは??? — いるむ Beepmix SNSの感想を見ても、号泣できる最終回だったことがわかります 『静かなるドン』第84巻のあらすじ 東の新鮮組と西の鬼州組の対立が激化! しかし秋野は、結婚式を間近に控えていたのだ
『静かなるドン』第55巻のあらすじ 幻覚剤入りの風船を用いて新鮮組や鬼州組を混乱に陥れた、謎のピエロたち オフィスボードビル所属
バリバリの武闘派である芹沢は静也を挑発し、さらに突撃隊長の鬼斬まで呼びよせる 恐怖に打ちのめされて帰国した秋野に、出迎えた静也が取った行動とは! , 生倉が登場するとニヤニヤが止まらなくなると共に、妙な安心感が出てくるようにさえなりました
47