傷跡 治療。 傷あとはどこまで治せるの?写真でみる傷あとの種類と治療法

交通事故の傷跡では、傷の程度にもよりますが、まずは手術で患部を摘出した後に、レーザーで治療を行います。

29
3日程度経過するとレーザーをあてた部分にかさぶたができ始め、2週間ほどで自然に剥がれていきます。 発赤:施術後約10時間がピークです• 保湿性、抗炎症性、肌荒れ防止効果、美容効果などがあります。 ドクターより 「傷跡は、ひきつれがあるかないかで治療方法が異なります。 フラクショナルレーザーは、根性焼きやリストカットの跡、帝王切開の跡、凹凸がある傷跡など様々な傷跡に対応する治療法です。 代表的なものとしてはNd:YAGレーザーが挙げられます。 」 このような方に 過去の手術痕を目立たなくしたい ケガの傷跡を目立たなくしたい 所要時間・回数・期間など 傷の状態によります 施術について カウンセリング当日の治療 :ご予約時に傷跡修正ご希望とお伝えください メイク : 当日可能です 洗顔 : 当日可能です 入浴 : 当日はシャワーにしてください 副作用・合併症の可能性 切除縫合の場合 術後3-6か月程度は赤みが残ります。