親 の すね を かじる。 「骨の髄までしゃぶる」「親のすねをかじる」は英語で?|メイクイット英語塾

しかし、私たち姉妹も今回多少のまとまったお金をもらっており、その中から出そうと思えば出せます。 日本では働ける年齢になっても働かずに家に引きこもっていることを「ニート」と呼ぶことがあります。 特に裕福な家庭というわけではないのに、大丈夫なのかな……』(20代女性/製造業) 子どもが学生のうちは親が生活資金の援助をするのが一般的です。 目の前のことしか見てないからそうなる。 誰も悪くありませんよ。
93

しかし、卒業して社会人になったらもう一人前。

自分は結婚して20年目です。

そのあたりからバイトに嫌気がさし始めました。

ヒサノの場合はどうだったかって? 羞恥心で首絞めてやりたくなるレベルで娘自慢して歩く親父様の存在がなによりの証拠です。

辞書に記載されているとおり、「すねをかじる」は「独立して一人で生活できずに親や他人に頼って養ってもらう」ことをいうのですね。

洗濯してくれる手間・食事を作ってくれる手間などを金額換算し、必要経費に加えて親御さんに支払っているならば、同居でもスネカジリとは思いません。

「パラサイト破産」という言葉をご存知ですか? これは、高齢親が子どもへ経済援助を続けることで貯金を使い果たしてしまい、破産状態に陥ってしまうこと。

いろんな方の考え方を募るのは、いいアイデアですね。

また若者が自身で工面するのも普通です。

97