禍 読み。 コロナ禍の読み方 ~「災い」と「禍」の考え方~

といった意味。

「火」 他にもたくさんありますが、最後は親しみのある漢字で終わります。

コロナ禍に使われている、「禍」という文字は 「禍(わざわい)」とも読みますが、同じ読みの「災い」とは意味の上での使い分けがあります。

という所で大きな驚きですが、ではどうしてテレビや新聞などで「 コロナ渦」という文字を私たちは目にするのでしょうか? 実はテレビや新聞で使用されているのは「渦」という漢字ではないのです。

「 新型コロナウィルスが招いた危機的、災厄的な状況」 コロナ禍という言葉に、そこまでの意味が含まれていたなんて知りませんでした。

水や風の流れが台風のようにグルグル巻きになっている状態のことですね。

したがって満員電車の解消に一石を投じるきっかけになったといえるでしょう。

68 22 50