進撃 の 巨人 137 話。 進撃の巨人 137話 ネタバレ|宮藤真希子|note

「さぁねぇ・・・もう無理だと思うけど・・・」 「僕は何も諦めていません」と言うアルミンに、「どうして・・・」と聞くジーク。 そこに歴代の巨人継承者たちが彼らの周りに現れる。 ジークが出てこなかったのと出てきたワケ そもそも、ジークの望みは『ユミルの民の根絶』だったんだけど、根底にあったのは『存在の否定』。 アニの巨人によってアルミンは受け止められ、落下死を免れます。 『記憶』を見たところで、『気持ち』に関しては自分で察するしかないし。 ピーク: 「何を…言ってるの?」 リヴァイ: 「アッカーマンと巨人の力を持つ者は例外だろ?」 「何をすべきかお前が一番わかってるはずだ」 兵長、ミカサ、ピーク、ファルコ以外の人間を置き、その場から立ち去ります。 ベルトルトの手の上に(恐らく)クサヴァー・グリシャ・クルーガーの巨人、そしてクサヴァーの手の上にアルミンはいるようです。 こんにちは。 ジークは、ここで気の遠くなる時間をかけて、彼女を理解しようとしたよ、と言い、何かの未練を残していた事は確かだと、推測します。 しかし、二人は肩を組んでファルコの姿を見送っていました。
56
ラガコ村は、ジークとピークが一晩で滅ぼした村 ジークは言います
進撃の巨人137話[ 諫山創 ] この辺じゃねーかあの辺じゃねーかという考察班の苦労を一瞬で破壊する髭面の鏡……!(どんな鏡や) そして『道』ではTPOを考慮して服着てたのに、 現実世界はやっぱ素っ裸かい! しかしジーク、自分から出てくることが出来たってことは、お砂遊びしてたのは、やっぱ諦めてやる気なくしてたってことか…… 『安楽死計画』って、ジークにとって『希望』だったからなぁ……どんな『希望』でも、『希望』がなきゃ人は戦えない ファルコの背に残ったリヴァイはジークの姿を探し、エルヴィンの最後の命令を完遂しようと再び立ち上がります
とにかく、このタイミングでアルミンとジークが邂逅したという展開には、何らかの理由があると思いますから、それがこの後の戦いに大きく影響を与えるのか注目です まじで面白い
しかし残った胴体の背骨部分からハルキゲニアが出現し、エレンの頭と結合しようとしている様子 ミカサ: 「エレンは口の中にいる」 「私がやる」「みんな協力して」 リヴァイ: 「了解だ」「ミカサ」 雷槍を装備するリヴァイ兵長とブレードを装備したミカサがエレンの方へ立体機動で向かいます
一方、巨人に飲み込まれたアルミンは、座標でジークと遭遇 エレン巨人の方へと向かって行きます
諫山創「進撃の巨人」137話より引用 「死に急ぎクソバカ野郎があああ!!!!」 爆発はエレンの首を切り落としました ライナーも無事のようです
「すべてのエルディア人は始祖ユミルと繋がっている」 「それは始祖ユミルが何かを求めて繋がりを欲したから」 そう気付いたジークとアルミンは、かつて犠牲にしてきた皆に謝罪を述べ、力を貸してくれるよう頼んだと言います 何らかの海洋生物の触手だと思ってたらオカピの舌だったという — 碧山ライカ 91n110 進撃の巨人、最新話がまた泣けすぎて リヴァイがあの時のことを思い返してるときに号泣した32歳
「進撃の巨人 The Final Season」のフル動画を全話無料視聴する方法 アニメ「進撃の巨人The Final Season」の動画を見たいなんて人もいると思います 諫山創「進撃の巨人」137話より引用 そのまま落下するアルミンを女型のアニがキャッチしました
55