杉並 区 ハザード マップ。 東京都杉並区永福のハザードマップ【地震・洪水・海抜】

そんな人にとっては中古物件がコストパフォーマンスが良いです。

杉並区は、本サービスの利用によって発生する直接及び間接の損失、損害等について、一切の責任を負いません。

平常時に確認しておいて、いざという時落ち着いて行動できるようにしましょう。 土砂災害警戒区域等一覧 多くの土砂災害は雨量、雨の降り方などと密接な関係があります。 初期消火できるよう、消火器も準備する。 () 東京都杉並区永福の建物倒壊危険度. 避難時の持ち出し品の準備 地域で行う• 全ての機能をご覧いただくには、Google Chrome、safari、Firefox、Microsoft Edgeなどのブラウザをご活用下さい。 平常時に確認しておいて、いざという時落ち着いて行動できるようにしましょう。 地中にしみ込んだ雨の量が多いほど、発生数や規模が増加します。 6,289• 低地に住んでいる方に配慮する 身体的不安のある方、身の回りに不安を感じた方は 自主的に避難を 早め早めの行動を心がける 明るいうちに行動する 命を守る行動を!• 事前登録が必要な災害時配信サービス• お子さんの将来のため、今ひと手間かけてみてはいかがでしょうか? 安く住まいを手に入れたい! 新築は絶対条件ではない。 気にかける人、家族のいるところは?• 江戸川、中川、荒川、隅田川、多摩川などの大きな川が流れていない区は、河川が氾濫した時のリスクが低くなっています。 斜面から水が湧き出でくるようになる。
65

練馬区、豊島区、文京区、杉並区、中野区、新宿区、千代田区、世田谷区、渋谷区、目黒区は液状化のリスクが低い地域であると言うことができます。

なお、具体的な浸水深は東京都防災アプリの水害リスクマップまたは、公表元のホームページ等でご確認ください。

家庭で行う• (神田川流域 作成:平成30年3月30日 都市型水害対策連絡会、城南地区河川流域 作成:平成30年12月20日 都市型水害対策連絡会 )• 杉並区では、東京都が公表した浸水予想区域図を用いて、水害ハザードマップを作成し、「わが家の 水害ハザードマップ」として公表しています。

特に荒川区や足立区の川近く、北千住・南千住あたりは、河川が氾濫した時のリスクが高い地域であるといえます。

あわせてご覧ください。