神田 まつや。 『「まつや」で天丼を食すーリベンジ成功!』by drumunagi : 神田まつや 本店 (かんだまつや)

概要 [ ] (17年)、初代・福島市蔵が創業、その後、福島家が二代続いた また、神田まつやはあくまでも「手打ち」にこだわります
その他、神田まつやからのお知らせ、最新情報は、 に掲載しております 今回も大満足の「蕎麦屋酒」となった
7月12日(月)から8月22日(日)の期間、営業時間、酒類のご提供については以下のようになります (14年)の後に、福島家から小高家に受継がれ、初代・小高政吉が継承し、建物(現在の建物)が新たに建造された
平日11時~20時(ラストオーダー19時半) 土・祝 11時~19時半(ラストオーダー19時) お酒提供は11時~19時です これで普通の「天ぷらそば」の半額とは、何となく得した気分になれる私にとっては懐かしい種物である
というのも、年の瀬はこの店、一日中混雑することを承知しているので、毎年避けていたからだ 「うに」と言っても瓶詰の練り雲丹だが、酒精分が控えめで吟味されていることが分かる
小高家3代目の登志は前述「蕎風会」にて「神田藪そば」の先代、「上野蓮玉庵」の先代、「神田錦町 更科」の先代等々老舗の錚々たる方々にそば打ちの技法並びに営業のノウハウを学び、その集大成が現在の「神田まつや」の姿と云えます 産地は茨城県境町の「常陸秋そば」を中心に北海道の雨竜や青森十和田の階上早生、長野妙高の霧下そば等々、厳選して使用して居ります
よろしくお願いいたします 手打ちそばと汁だけなのに、なぜこれほど美味しいのか、不思議です
お陰様で、各方面から大変なご好評を頂戴しております もちろんうどんも底の方に潜んでいるが極めて少量で、これは多くの味をしっかり含んだ'おでん'における'ちくわぶ'のような役割を果たしている
お客様にはご迷惑をおかけしいたしますがよろしくお願い申し上げます 小高家3代目の登志は前述「蕎風会」にて「神田藪そば」の先代、「上野蓮玉庵」の先代、「神田錦町 更科」の先代等々老舗の錚々たる方々にそば打ちの技法並びに営業のノウハウを学び、その集大成が現在の「神田まつや」の姿と云えます
店の造りは、一昔前の「縄のれん」そのもの 2021. お銚子は調子よく空いていき、もう一本追加
東京・神田の一角にあるこの店は、風情ある外観やたたずまいと創業から変わらぬ味で蕎麦好きなら知らぬものはいない老舗だ 平日の3時過ぎが、最も寛げる時間帯
それを支える確かな技術力と、行き届いた店員教育が垣間見える 19:00) 酒類については全日ご提供いたしません
75