2 月 時候 の 挨拶。 時候の挨拶 2月上旬~下旬 書き出しと結び|カジュアル・ビジネス

暖かくなったら、ぜひ、お出かけください。

2月の時候の挨拶と例文 フォーマルなシーンの場合 2月の時候の挨拶 漢語調 には、代表的な「大寒」「立春」「雨水」に加えて、次のような数多くの表現があります。 お変わりなくお過ごしですか• 「立春の候」【2月初旬~中旬】 「立春の候」(りっしゅんのこう)の「立春」は、2月4日頃から2月18日頃の期間を指しますので、その期間に使います。 後付け• まずは書中にてお知らせいたします。 節分も過ぎましたのに、まだまだ寒い日が続きますね。 一雨ごとに春めいてくる今日このごろ、ますますご精励のことと拝察いたします• 日差しも日に日に暖かくなってきたような気がいたします。 梅一輪一輪ほどの暖かさと申しますが、本格的な春の訪れが待ち遠しいこの季節、いかがお過ごしでしょうか• こちらのフレーズを使ったビジネスでの時候の挨拶の例文は、以下のようになります。
39