トッテナム 対 チェルシー。 不調のチェルシーを蘇らせたランパード采配。3バックがトッテナムを苦しめた理由

直近のリーグ戦での直接対決は2020-21シーズン第10節 2試合連続で3バックを採用している指揮官は、前節のバーンリー戦で左ウイングバックに元スペイン代表DFマルコス・アロンソを起用
それでも彼らは勝ち進み、準々決勝からは新スタジアムを使用してロンドン勢として2012年のチェルシー以来となるファイナル進出を果たしている ただ、その愛が強すぎるゆえか、4年前にチェルシーと退団して以降、マンチェスター・Uの指揮官として迎えた7度の古巣対決は2勝1分け4敗と負け越している
2 ,0 23px 36px 3px rgba 0,0,0,. 2 ,0 10px 14px 1px rgba 0,0,0,. 勝ち点3を手にするのはどちらのチームか 編集部のおすすめ• チェルシーが不振に喘いで監督交代の英断に踏み切れば、スパーズも最近9試合でわずかに2勝(3分け4敗)と急ブレーキがかかり、気づけば両チームともトップ4から陥落
ここまでの2試合はスタメンを大幅に入れ替えており、今回の一戦でも左ウイングバックの人選と前線の組み合わせに注目が集まっている 今シーズンは大躍進のウェストハムにも期待できるが、現実的に考えてトップ4入りの可能性があるのは33ポイントで並ぶこの両チームだろう
2 ,0 15px 22px 2px rgba 0,0,0,. トッテナム対チェルシーの日程・放送予定(DAZN・テレビ) 2月5日(金)5時00分(日本時間)よりトッテナム対チェルシーの一戦がトッテナムのホームスタジアム、トッテナム・ホットスパー・スタジアムで行われる またバーンリー戦では、前線の3選手を総入れ替え
昨季プレミアでのアウェイ通算勝利数(4)に早くも追いついた なおバルセロナに対して7戦未勝利というのが、同監督の最長記録
73
古巣相手に待望の白星を挙げることはできるだろうか。 モウリーニョ第一次政権で不動の主力として活躍したランパード監督が、ポルトガル人指揮官から少なからぬ影響を受けているのは間違いない。 4日に行われるプレミアリーグ第22節では、トッテナムが本拠地の『トッテナム・ホットスパー・スタジアム』にチェルシーを迎える。 なおバルセロナに対して7戦未勝利というのが、同監督の最長記録。 チーム総得点の68パーセントに関与している。 プレミアリーグで初めて開幕戦を迎えるチェルシーのトーマス・トゥヘル監督にとっては、試練の序盤戦となりそうだ。 ウェンブリースタジアムで行われた4位トッテナムと3位チェルシーによる直接対決は、早い時間帯に試合が動いた。
24
敵地で1-2の敗戦を喫した昨季のチェルシー戦も、ケインが不在だった トッテナムはデレ・アリが常にジョルジーニョを注視し、チェルシーはいつも通りのポゼッションサッカーを展開できず、エデン・アザールの個人技からでしかチャンスが作れない
両指揮官の頭脳戦にも注目だ そのリバプールが保有する日本代表MF南野拓実のレンタル先となったサウサンプトンは、カルロ・アンチェロッティ監督が退任したエバートンとのアウェーゲームで開幕を迎える
また、Twitterアカウントのフォローと、いいねまたはリツイートくださるととってもやる気がでます しかし、今回はやはりソン・フンミンに期待すべきだろう
00101px ;transform:translateY -1. 負傷中のケインが2週間程度離脱している中、やはりソン・フンミンの活躍に期待がかかる 完成間近のトッテナム・ホットスパー・スタジアムの画像に「ロンドンでチャンピオンズリーグ(CL)が見られる唯一の場所」と書き記し、CL出場権のなかったチェルシーやアーセナルを揶揄したのだ
そのチェルシーが先制に成功した 先制点のシーンも含め、広い視野と意表を突く選択肢で相手にとっては厄介な存在になっていた
少し長くなったボールにGKパウロ・ガッサニガが飛び出したが、目測を誤ってボールに触れられず 14 ,0 6px 32px 5px rgba 0,0,0,. これをウィリアンが冷静に沈め、チェルシーは前半を2点リードで折り返した
トッテナムを倒すために全力を尽くすと誓っている 【試合分析】PL第10節チェルシー対トッテナム「選手の特性を活かす」 👈 トッテナムはパス本数が少ない割にシュートまで持ち込めていることが分かります
しかし、やはりアザールが万全ではないチェルシーにとってこのゴールは反撃の狼煙にはならず、時間を使いながらうまく試合を終わらせたトッテナムが今季無敗のチェルシー相手に初黒星を与えた 13分には、ソン・フンミンがドリブルでエリア内右に侵入してシュートを放つも、GKケパが足でブロックする
結局、チェルシーのロマン・アブラモヴィッチ政権1000試合目となった一戦はゴールレスドローに終わり、トッテナムが首位の座を維持した オーリエは冷静さを失い、エリクセンはパスを送る相手を見つけられない
さらに、ケインの中盤に下りる動きや、ソン・フンミンの裏を取る動きに対して、3バックはついていって自由を与えない しかし分が悪いときほど不気味なのがモウリーニョ監督で、そもそもトッテナムは相手にボールを持たれることを苦にしない
84