クエチアピン 25。 クエチアピン錠25mg「アメル」

てんかん等の痙攣性疾患、又はこれらの既往歴のある患者[痙攣閾値を低下させる恐れがある]。

〕 てんかん等の痙攣性疾患、又はこれらの既往歴のある患者〔痙攣閾値を低下させるおそれがある。 また、症状の悪化が認められた場合には、他の治療法に切り替えるなど適切な処置を行うこと。 なお、投与量は年齢・症状により適宜増減する。 不穏状態(興奮や衝動性が強くて落ち着かない状態)• 過量投与による呼吸抑制が現れた場合には気道の確保、人工呼吸等の適切な処置を行う。 過量投与時の症状:主な症状は傾眠、鎮静、頻脈、低血圧等であり、まれに昏睡、死亡に至る症例が報告されている。 統合失調症 <適応外>• 本剤の主要代謝酵素であるCYP3A4の誘導により、本剤のクリアランスが増加することがある。 11).泌尿器系:排尿障害、排尿困難、尿失禁、尿閉、BUN上昇、持続勃起、射精異常、インポテンス、頻尿、膀胱炎、尿蛋白陽性。
64

1週間ほどで400mg以上まで増量していきます。

1,156• ここでは、クエチアピン錠の効果と特徴を詳しくお伝えしていきたいと思います。

(慎重投与) 1.肝機能障害のある患者[本剤は主に肝臓により代謝されるため、クリアランスが減少し、血漿中濃度が上昇することがあるので、少量(例えば1回25mg1日1回)から投与を開始し、1日増量幅を25〜50mgにするなど患者の状態を観察しながら慎重に投与する]。

パーキンソニズムの増悪などの副作用が少なく、使いやすいと思っています。

肝機能障害のある患者〔本剤は主に肝臓により代謝されるため、クリアランスが減少し、血漿中濃度が上昇することがある。

クエチアピンは高用量で使うことも多く、薬価が非常に高くなってしまいます。

この血中濃度がピークになるまでの時間を「最高血中濃度到達時間」、血中濃度が半分になるまでを「半減期」といいます。

躁症状やうつ症状に有効 クエチアピンの特徴は、「いろいろな受容体を穏やかにブロックすること」です。

病気や症状に応じた注意事項• その他:倦怠感、無力症、CK上昇 CPK上昇 、口内乾燥、体重増加、意欲低下、多汗、発熱、体重減少、胸痛、筋肉痛、舌麻痺、しびれ感、背部痛、浮腫、末梢性浮腫、ほてり、歯痛、関節痛、顔面浮腫、頚部硬直、腫瘤、過量投与、骨盤痛、歯牙障害、関節症、滑液包炎、筋無力症、痙縮、悪化反応、偶発外傷、耳障害、味覚倒錯、ざ瘡、脱毛症、薬剤離脱症候群 不眠、悪心、頭痛、下痢、嘔吐 、口渇、回転性眩暈、悪寒、靭帯捻挫。

最大750mgまで使えます。