フレデリカ バウマン。 【リゼロ】フレデリカが登場するのは4章!顔が怖いメイドの正体とは?【原作ネタバレ】【Re:ゼロから始める異世界生活】

お茶会シリーズのエミリア・ラム・レム・ベアトリス・エキドナ・ペトラと並べて是非お手元でお楽しみください。

1
聖域から出できた人々の暮らしの基盤を作る• ラムが聖域に向かう時には手紙を渡し、誕生日には読書好きらしいガーフィールに英雄譚の本を贈っています ちなみにフレデリカさん、 実はアニメ版に既に登場済みだったりします
目が覚めるとフレデリカは全身を拘束されており、「血液標本家」という二つ名を有する研究者、リオナルドと対面します この時、フレデリカはロズワール家の分家、ミロード家の使用人頭として働いていましたが、手違いで新しい使用人と思われたエミリアを、メイド「エミリー」として指導しています
同様に第4章から登場するメインキャラクターであるガーフィールとは姉弟の関係になります そのため、聖域の秘密について知る人物としてスバルの「死に戻り」の中で重要な役割を果たすことになりました
聖域を出たいと願うフレデリカをロズワールが受け入れた理由も、フレデリカの「稀血」にあるとされています 牙がびっしりと並ぶ凶悪な口元が特徴
その後、ロズワールがお屋敷に呼ばれ、大先輩の使用人だった人形達が役割を終えるのを見届けます 本当に、正論なのが腹立たしいですわ…クリンド! 『リゼロ』フレデリカの過去は?弟を信じて聖域を出る ガーフィールの挫折後に聖域を出る 聖域編から10年以上前、ガーフィールは墓所の試練に挑み、第一の試練で母との別れを不完全な形で目の当たりにします
しかし、フレデリカはいつかガーフが聖域を解放する時がくると期待しており、その時のために、聖域の住人が生活に困ることがないように、拠点を作ろうと聖域の外に出ていきました エルザの強さはヴィルヘルムやユリウスなどのかなりの強さを誇る人たちと同程度だと考えられているので、フレデリカ・バウマンが勝てないのも無理はないと考えられています
フレデリカ・バウマンに関する考察、ネタバレ フレデリカが持っていた青い輝石の正体は?なぜエミリアに渡した? フレデリカは、聖域に向かうエミリアに対して青い輝石を渡しています 光虫騒動の初動を的確に対応 工場内では、魔法を使う子犬程度の大きさの物体「光虫」が現れ、フレデリカとガーフに襲いかかります
11