解離 性 大動脈 瘤 原因。 解離性大動脈瘤の症状,原因と治療の病院を探す

解離自体による症状 大動脈が解離すると、 突然、胸や背中に激しい痛みが生じます。
原因は? ほとんどが動脈硬化で高血圧の方に急激に発症する病気です 特に スタンフォード A型の場合は血管の破裂や重大な合併症を伴うことも多く、死に至る危険性が高いので、早急な治療や手術が必要とされます
血管壁の内膜が傷ついてそこから中膜に流れたは、中膜が裂けてできた偽腔(ぎくう)と呼ばれる中を通ります 解離した血管は手術を行っても、すべてを人工血管に置換する事は出来ません
それでも血圧が安定せず、裂け目が大きくなっていく場合には、手術が必要となります 脳は、摂氏37度において5分間血が行かなくなると、不可逆的な(元に戻らない)脳障害が起こるとされています
この方法で手術の侵襲を小さくすることができると考えられます 造影剤を入れてのCT検査がより良いのですが、患者の状態でできない場合は、単純CT検査でもある程度は診断できます
手術中に人工的に体温を下げる事によって、この虚血の時間を延長することはできます ですから破裂の可能性がある大きさの動脈瘤が見つかれば、破裂する前に治療するのが大原則です
また喫煙は大動脈瘤の発症と破裂リスクの危険因子であることが知られています 急性大動脈解離の分類、A型とB型 は、解離の発生した場所によってA型とB型に分類されます
退院後も首、腰の痛み、発熱が続いた 解離性大動脈瘤の破裂のリスク 解離性大動脈瘤は、大動脈の内膜と中膜の一部が裂けることで中膜内に血液が流れ込んで『瘤』を形成する病気です
B型 上行大動脈が解離していないタイプの急性大動脈解離で、比較的重症度が低く、内科的アプローチによって治療できる可能性があります また、大動脈瘤自体は必ずしもなくなるわけでなく追加の治療が必要になることも少なくありません
弓部大動脈は、下行しながら心臓の後ろ側(背中側)に回り、下半身へと向かいます これで得られた画像には、真腔や偽腔、フラップなどが映し出されます
運動中に大動脈が膨らむので大動脈硬化の進行も抑制します また、一部のには遺伝が関与しているなど遺伝的な要因もリスクとして指摘されているものの、遺伝的要素の有無にかかわらず、高血圧の発症にはが最も深く関係します
また近年本格的な高齢化社会となりその発症頻度は増加の一途を辿っています 大動脈基部(心臓を出てすぐの大動脈)に解離が及び、それにつれ大動脈弁の弁輪(弁の外周)が拡大している場合(大動脈弁閉鎖不全症)、弁付きの人工血管を用いて、弁も一緒に取り換えることがあります(これをベントール〔Bentall〕手術と言います