雲仙岳 噴火。 マスコミが報じない「雲仙・普賢岳噴火災害の真相」 | ガジェット通信 GetNews

カメラマンと2人で会社所有の乗用車に乗り込み、普賢岳の麓を流れる川沿いの山道を上流へと進んだ。

麓を覆い尽くしていきます。

「定点」から数百m離れた農業研修所の消防団員は火砕流の轟音を土石流が発生したものと判断し、水無川を確認するため研修所から出たところを火砕サージに襲われ、多くの団員はそのまま自力で避難勧告地域外へ脱出したものの、重度のと損傷を負った。

噴煙を上げる普賢岳を前に「歴史的な一大事に立ち会っている」と胸が高鳴ったという。

消防団は29日深夜にいったん退去したが、一部の報道機関によって避難した住民の家の電源や電話が無断で使用されたため、6月2日にふたたび上木場に戻っていたのだった。

この日、山麓には(火山噴出物が混じって)黒く濁った雨が降った。

3月28日に発生した微動は、普賢岳方向が高くなる傾斜変動を伴った。

浅間山でも噴火のたびに観測されており、そんなに珍しいものではない。

一方、雲仙岳測候所の情報は、島原市と島原広域消防団本部を経て農業研修所の上木場地区消防団にも電話(口頭)で伝えられたが、その時点で情報は「 山の様子がおかしい。 執筆: この記事はからご寄稿いただきました。 特に6月2日は日曜日だったこともあり、県外からもやって来た多くの見物客が水無川の周辺に集まって火砕流を双眼鏡で覗いたりビデオカメラで撮影したりする姿が見られ、では渋滞が発生するほどだった。 もう一度言うが、その団員達はそこに居たくて居たんじゃない。 危険を知らせる情報は、新聞やテレビでもきちんと報道されていたのに、なぜこのようなことが起こってしまったのだろうか。
3