二 段階 認証。 2段階認証とは

機種変更によるログイン不能となるのを防ぐには、機種変更前に二段階認証を一度解除し、新しいスマートフォンで再度二段階認証を設定する必要があります。 近年では、さまざまなサービスが登場して利用者が増えているため、不正ログインやアカウントの乗っ取り被害が多数報告されています。 また、RSAのSecurIDのようなキーチェーンコード生成機器もあり、主に企業で使用されています。 このようなセキュリティの脅威に対応するために、二段階認証が必要とされているのです。 利用者にとっては、キャッシュカードやスマホが手元にないと認証できないなど、利便性は少し下がりますが、特に業務システムにおいては、利用者の利便性向上のためのシングルサインオン採用と同時に、本人確認を厳格化したいというご要望を頂くこともあります。 電話番号の横の 編集を選択。 なお、LINEに登録できる電話番号は固定電話と携帯電話の番号のみで、050から始まるIP電話の番号は登録できないので注意して下さい。 2段階認証を設定すると、 ログイン時に、スマートフォンに表示された「プロンプト」(ログインしようとしてますか?などを確認する画面)をタップするか、スマートフォンに送信された確認コードを入力する必要がある。 確認ボックスをチェックし、 続けるを選択。
91
再設定しようにも、その電話番号を持つスマートフォンが手元にないため、簡単にはおこなうことができません アプリのパスワードは、2 段階認証を使用する場合にのみ使用できます
またそれぞれのサービス事に違う方法を使うと混乱しますので、ある程度統一して優先する登録方法を決めておいた方がいいです 「本人だけが知る情報を元に、カスタマーサポートで対応する」 といった方法があります
二段階認証よりも二要素認証の方がセキュリティが強固であり、金融機関のATMで利用されている生体認証は二要素認証になります 二要素認証とは 二要素認証とは、異なった主体認証を使って認証を行うことです
また、マスクをしていると顔認証されないこともあります また、ウェアラブルも勢いを増しており、ある種のRFチップが埋め込まれたブレスレットなど、特別なアクセサリーの着用を求めるシステムもあります
弱 標準 お客様の利用状況に応じて、ドコモが最低限必要と判断した場合のみ、2段階認証が表示されます パスワードを使用した知識要素だけの認証では、安全とは言い切れない状況となっている