レオナルド ダ ヴィンチ 発明。 3 .ダ・ヴィンチ100の発明

小さな『受胎告知』では、マリアは天使から眼を背け、両手を握りしめている。

の『神聖比率』の挿絵。
未完成のこの作品には、多くの人々に囲まれた聖母子が描かれている。 1967年 - 1974年発行。 レオナルドはまた、ベジタリアンになるくらいに動物が好きだったようだが、一方で、トカゲの背中に他の爬虫類からもぎ取ったウロコを翼とか角として取り付け、怪物に見立てて楽しむといった、 生物を使ったなかなか残酷な遊びをすることがあったという。 レオナルドが暮らしていた当時のルネサンス様式も一時は失われたものの、1960年代からの30年間にもおよぶ改修工事を経て蘇り、現在では、アンボワーズにおけるレオナルドの軌跡をたどることができる貴重な場所として、多くの来館者を迎えています。 。 その後19世紀、20世紀にもこの話題が取り上げられており、中でもが唱えた説が有名である。 [ ]1476年のフィレンツェの裁判記録に、当時24歳だったレオナルド他3名の青年が、有名だった男娼と揉め事を起こしたとして、同性愛の容疑をかけられたという記録がある。 予期せぬ天使の訪れで読書を中断させられたマリアの右手は、今まで読んでいた聖書に置かれ、左手は歓迎あるいは驚きを意味する、立てた状態で描かれている。
52

本当に単に空想が好きだっただけでなく、結構実用的な思考の持ち主だったかもしれない。

レオナルドが所属していた聖ルカ組合は、芸術だけでなく医学も対象としただった。

アメリカ人美術史家 ()は、レオナルドが関心を持っていた領域の広さと深さは空前のもので「レオナルドの知性と性格は超人的、神秘的かつ隔絶的なものである」とした。

上質の素材が使用されていたこの黒いマントは既製品だったが、豪華な毛皮の縁飾りは別途追加されたものだった。

万能の天才は、一体どんなご尊顔をしていたのでしょうか。

レオナルドはショーや行列の演出を任されることもあり、これらはそのための習作だった可能性もある。

しかしレオナルドに限っては、事実が隠されることはなく、しかし祖父が愛情を注いでくれたことから、まだ幸運な方だったのかもしれない。

若きレオナルドはこの『受胎告知』でマリアを神格化せずに、人間の女性として描いた。

この時期に描かれたもうひとつの重要な絵画が『』で、ミラノの聖母無原罪の御宿り信心会からの依頼による作品である。

53