滅相 も ない と は。 「滅相もない」 の意味と敬語、謙遜の使い方、類語「とんでもない」との違い、英語表現も

「滅相もございません」は間違い? 「滅相もない」の敬語表現として使われることがある「滅相もございません」は、言葉の成り立ちを考えると間違った敬語表現と言われる場合があります その他にも、思い掛けないことや、以ての外であることの意味も持っています
「滅相もないことでございます」がより丁寧な表現になるので、相手によって使い分けてください 二つ目の「とんでもない」を使った分かりやすい例としては、「この魚はとんでもない価格で売られている」「彼は10代にしてとんでもない世界記録を樹立した」「とんでもない、私はやっていません」「私が昇進なんてとんでもないです」などがあります
言葉の前後や伝える口調で使い分けましょう 滅相の語源由来とは? 続いて「滅相もない」という言葉に使われている「滅相」という言葉の語源由来について解説していきます
」と記されています ビジネスシーンでも、褒められた時に謙遜したり、相手の言うことを否定する場面もあると思いますが、そんな時に「滅相もない」を使っても失礼にならないでしょうか
何だか私たちああんまりな御様子・・・」<泉鏡花「清心庵」青空文庫> ・「滅相もない話 冗談ではない
基本的に相手の立場が同等か、それ以上のときに使う言葉なので「滅相もない」を使うと失礼なときもあります 先生に 送っていただくなど 「とんでもない」 です
「とんでもない」の意味 「とんでもない」とは 「とんでもない」とは、 全くそうではないことを意味しています これを丁寧に言うとしたら、「めっそうもありません」「めっそうもございません」と言い換えればよいのでしょうか

」や「歌が上手だなんて滅相もない。

そういった場面で「滅相もない」と使用すると、 「そんなことないです」という謙遜する意味合いが強くなり、相手に謙虚な姿勢をみせることができて好ましいです。

「滅相もない」と「とんでもない」どちらを使うか迷った場合は、目上の人に対しては「滅相をない」を、同等や目下の人に対しては「とんでもない」を使うと覚えておきましょう。

ただし、 「とんでもない」には相手を強く否定する意味もあるため、使い方次第では相手に誤解を招いてしまう可能性もあります。

結論から言うと、 「滅相もない」を敬語表現に変えることで、ビジネスシーンでも使うことができます。

「学生時代からきれいでモテていたでしょ。

対等な相手に使う滅相もございませんの使い方例文• そして 「滅相」も「四相」の一つであり、消えてなくなってしまうことを「滅相」としているんですね。

」「滅相もございません、カラオケ慣れしているだけです。

69