ナイトロ ジェン マスタード。 抗がん剤に「確実な発がん性」、専門機関が警告…かえって苦しみ、有効性はわずかか

75

そのため、第一次世界大戦後、各国でマスタードガスの改良が試みられ、アメリカとドイツでほぼ同時に完成。

立ち読み時の一瞬での戦慄 昨日(5月12日)、家族で外食したのですね。

ただし、「全ての抗がん剤が、副作用として髪の毛が抜ける」というわけではない。

ガンの治療は日進月歩で、最近では「ガン免疫療法」という治療法も注目されるようになりました。

進行したがん、再発したがんについての治療の進歩 現在では、ステージ1のがんに関しては約90%、ステージ2でも70~80%ほどは治るといわれています。

もちろん、ガンのリスクが軽減するといっても、「将来的に絶対にガンにならない」というものではありません。

この「輪廻」をひとことで書きますと、こうなります。

カラシに似た臭いがあるのでこの名が付きましたが、この臭気は不純物によるもので、純粋なマスタードガスは無臭の液体です。

4
下のような感じとなります。 このようなマスタード薬としてはシクロホスファミドの他に イホスファミド(商品名:イホマイド)、メルファラン(商品名:アルケラン)、ブスルファン(商品名:ブスルフェクス、マブリン)などがある。 このときバーリ港には、 30 隻以上の連合国軍側の艦船が停泊しており、この攻撃によって、輸送船やタンカーを始めとする艦船 16 隻が沈没。 また、染色体の末端には、「テロメア」という輪のような形をしている遺伝子があります。 このとき生き残ったガン幹細胞が薬剤耐性を獲得すると、それまで使っていた抗ガン剤はもはや役に立ちません。 シクロホスファミドによる出血性膀胱炎を予防する薬としては、 メスナ(商品名:ウロミテキサン)が使用される。 「もともと戦争での殺傷兵器として開発された化学物質が、医薬品と転じた後に、数百万人、数千万人のヒトの排泄を通して、地球の水の循環システムに入り込んで、おそらく、海洋生物に影響を与えている」 ということです。