久宝寺 駅。 久宝寺駅

概要 [ ] 八尾市の西部に位置し、かつては大阪府南部のの拠点となっていた(のちに竜華信号場に変更、現在は廃止)があり、広い構内であったが、竜華操車場の廃止後、に跡地の再開発(大阪竜華都市拠点土地区画整理事業)が開始され、に竣工した。 「大阪府統計年鑑 」によると、1日の平均乗車人員は以下の通りである。 乗り入れ路線 [ ] 当駅のである と、当駅を終点とするの2路線が乗り入れている。 また、平日の朝ラッシュにおいては、普通が3番のりばに発着して快速が4番のりばを使用する場合がある。 当駅の八尾方にが1本設置されており、2番のりばに到着したおおさか東線の当駅止まりの列車はこの引き上げ線を使用して3番のりばへ折り返す。 また非電化時代は客扱い時間が限られており、朝晩の数本を除く全ての列車が通過していた。 (平成13年) - の停車駅になる。
68