東海 村 jco 臨界 事故。 [東海村臨界事故] 事故調査委員会「緊急提言・中間報告」全文

中性子線量が検出限界以下になったのが確認されたのは、臨界状態の開始から20時間経った翌10月1日の朝6時30分ごろであった。
「JCOから福島までは一直線だった」と語る前東海村長の村上達也さん=茨城県東海村で 半端な反省「ムラ」温存 中途半端な反省で「原子力ムラ」の安全を軽んじる体質は温存され、その後も事故は続いた。 核事故緊急取材班、岸本康『臨界19時間の教訓 検証ドキュメント』〈小学館文庫〉、2000年1月。 しかし、9月30日、作業員3人が、酸化ウラン粉末2. これは原子力安全委員会の責任である。 症状は皮膚と血液だけでは終わりませんでした。 それは、放射線が目に見えない、匂いもない普段多くの人が危険だとは実感していないということです。 このうち、スペシャルクルーと呼ばれる1チームが転換試験棟での作業に従事することとなっていた。 試験棟から340メートル離れた場所に住む菓子材料卸売業の寺門博孝さん(67)は、当時を振り返る。 4mSv 実効線量当量 一般住民 実測で線量が評価された者 7名 ホールボディ・カウンタで検出。その範囲は6. 原子力発電所ではこの状態を維持管理しているわけです。 報告は、1999年12月24 日 大内さんがなくなって3日後にだされました。 第三者機関によって今回の臨界事故の再調査を行うこと 事故調査委員会による今回の事故の調査が全く不十分であることは既に述べた。
17

第2に、事業者が法令等を遵守しているかどうかのチェック体制の問題である。

なお、臨界終息後に沈殿槽から周辺環境に達するガンマ線の線量を評価した結果、十分に小さいものであった。

こうした苦しい経営状況の背景には、国際的な競争が激化していったことが挙げられている。

ウランの臨界反応により放出された中性子とガンマー線は、沈殿槽を中心にして四方八方に放射された。

3 国の規制 今回の事故については、このような問題の多い安全管理の実態等を看過してきた国の規制のあり方についても、十分な再検討が必要である。

26