伊田和世。 東電ol事件の真犯人はもみ消しにあっていたという黒い噂を考察!

そして和世は次第に「なぜ自分だけが不幸なのか」という究極の被害妄想を抱いていったという。
その後はずっと投薬治療を続けている。 起訴状によると、伊田被告は03年3月30日夜、北区の路上で、帰宅途中の看護師の腹部を包丁で刺して殺害、一緒にいた友人の女性から現金約7000円を奪った。 続いて4月1日、千種区の路上で、店員・M子さん(当時23歳)が刺され、重傷を負った。 [第19回] 時に妙なを持つやが登場することがある。 さらに「看護師を刺した際、『刺した心地がしない』との理由でもう一度刺そうと思うなど動機に酌量の余地はない」と強調。 殺人を行うから精神鑑定なのか、統合失調だから殺人を行うのか? 何か、この堂々巡りにはまっているのではないか、現代の事件というものは。
逮捕後には動機について、「イライラした気持ちを晴らしたかった」と供述した。 日々を平凡に暮らす姿か. このようなことをしている時点で金に困窮しているということでしょうね。 」 実はこの言葉がおそらく噂の出所になっているのではないか?と思います。 < main contents > 事件 [ index ] 事件関係者は実名ですが、一部をイニシャルにし、仮名にした場合は「仮名」と表記した。 その後、岐阜県に移って霊能師を生業にするようになっていたが、しばらくは和世とも音信普通だった。