劇団 新派。 水谷 八重子

本公演は、ギリシャ悲劇9本をひとつの戯曲として編集した全3部の大作「グリークス」 (編・英訳/ジョン・バートン、ケネス・カヴァンダー)のうち、第1部となる「グリークス第1部 『戦争』」。

この「井上演劇道場」には、山口俊雄・岡田嘉子・山田巳之助・山村聡・佐々木隆などがいた。

それを演じられるのは新派だという強い自負がある。

1896年(明治29年)4月、伊井はあらためて伊井蓉峰一座を組織し、生涯その座長であり続けた。

「いま、最も日本にささるギリシャ悲劇」を作り上げていくとのことだ。

「銀座シリーズ」銀座人情 8月 休館 9月 大歌舞伎 尾上菊五郎劇団 市川海老蔵 1. イギリスへ行こうか、アメリカへ行こうか。

川上のプロデューサー的な勘の鋭さを最も発揮したのは、日清戦争の時である。

それが小川さんのはまり役となり、外部公演も含めて、役はどんどん回ってきた。

86
2016年9月5日閲覧。 新派文芸部の脚本・演出家である齋藤雅文が、小川さんを生かすような役どころをつくり、演技を引き出してくれるようになる。 関連項目 [編集 ]• 『月夜鴉』 川口松太郎• 『二筋道』• この節には内容がありません。 喜多村 緑郎 (きたむら ろくろう) 本名、喜多村六郎。 1931年(昭和6年)の三頭目以下の大合同で、瀨戸英一の『二筋道』が大当たりしたが、翌年その続篇を公演中に伊井蓉峰が死去すると、以後は喜多村・河合の一座と井上の一座がときには別々に、またときには合同して興行を続けた。 明治4年7月(1871)、日本橋橘町の薬種問屋に生まれる。 李瑞求 ()、 朴珍 ()、 宋影 ()、 金健 ()、 朴英鎬 ()、 崔獨鵑 ()などが、新派劇専門作家で人気を集めた。
65