君 が 仮に どんな 恋 を 重ね て さ 歌詞。 魔法の絨毯 (動画プラス) / 川崎鷹也 ギターコード/ウクレレコード/ピアノコード

続く一節は「雨」の日を舞台にしながら、常に「君」を心配する 優しさに溢れた歌詞となっています まるで聴き手の生活に違和感なくリンクしていくような、素朴な表現の美しさが存分に味わえる一節ですね
音楽が好きなことや、歌を歌いたいということも一度も言ったことがなくて 乾いた北風が ひゅるり落ち葉を集めてる 「今夜は雪が降りそうだね」うれしそうな声で いつもの公園に 今日は静かな夜が来る つないだ指がとてもやさしい ふたりきりの温度 ふと気づけばいつも隣で笑ってる 僕の心に咲く花 君に会いたい いま会いたい 離れた一秒も 僕の想いは 夜空彷徨う白い羽さ 君を抱いて 羽ばたいて 永遠 とわ よりも彼方へ 消えないでいて この恋よずっと 忙しそうな街に 埋もれない優しさがある 道を行き交う微笑み見ると 良かったなって思える 君の願い事が叶うように僕は そっと守っていくんだ 君に会いたい いま会いたい 離れた一秒も 僕の想いは 夜空彷徨う白い羽さ 君を抱いて 羽ばたいて 永遠 とわ よりも彼方へ 消えないでいて この恋よずっと 何度もキスを重ね 12月を奏でよう 君との日々に 僕は生きているよ 君に会いたい いま会いたい どんな言葉よりも そばにおいで 君がいるなら ただそれだけで… 君に会いたい いま会いたい 離れた一秒も 僕の想いは 夜空彷徨う白い羽さ 君を抱いて 羽ばたいて 永遠 とわ よりも彼方へ 消えないでいて この恋よずっと 乾いた北風が ひゅるり落ち葉を集めてる 「今夜は雪が降りそうだね」君とふたり…uh. 曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し もういいでしょうこれで終わりに 明け方非現実的な夢を あれは血迷ってた僕の思い 有効期限までまだ間に合うぜ 気が付きゃ勇み足 不眠症になりそうな寝苦しい夜 自分では精一杯してるつもり 風の匂いもいつしか 君の指に触れくちびるに触れ 新しい靴を履いた日は 週末を跨いだ長い連休を前に 最終のバスにはまだ間に合うかなぁ 何故に卑屈な微笑浮ぶ 単調な生活を繰り返すだけ この感情は何だろう無性に 変わらぬ愛と信じきっていた 練に練られたカリキュラム Baby Baby Baby I wanna kiss 飛べるよ君にも羽を広げて 朝目を覚ますと焦茶色の 泣いて泣き止んでまた泣いて Oh Baby通り雨が上がるまで 狭い路地に黒いスーツの人達 今月になって何度目だろう 黄昏の街を背に抱き合えた 悴んだ君の手を握り締めると 導火線の火がシュって音を どれくらい目をつぶっていたろう ただ目の前に並べられた仕事を 愛想を尽かしてくれても一向に 曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し 年末に目眩がして立ち止まる 水平線がおひさまと ぼんやりただぼんやりと 招かざる客で当面構いはしない ASIAN SOUL今ここに生まれ Ah長いレールの上を歩む旅路だ 二足歩行してる空っぽの 上辺ばかりを撫で回されて 何時間眠っても疲れはとれないし 世間知らずだった少年時代から 複雑に混ん絡がった社会だ 目指したものが自分とはあまり 目の前を横切ろうとするその老人 息を切らしてさ駆け抜けた道を 何も語らない君の瞳の奥に から廻りのMy Life嵐のように わかっています皆が私を見る 限りなく理想に近い様に見える ビルの谷間走り抜けて 抱かれて磨かれて輝くことで 抱かれて磨かれて輝くことで かぞえうたさぁなにを からっ風が吹いたから少し手を 生温い空気がベッドに沈黙を 夕暮れの海にほほを染めた君が もしもまだ願いが一つ叶うと また会おうこの道のどこかで 真夜中過ぎても眠れないから あきらめよと諭す回路に君が ビハインドから始まった 曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し 一番きれいな色ってなんだろう? 口がすべって君を怒らせた 頼り無く二つ並んだ不揃いの いつまでうだうだしてるんだ 心は今あらゆる可能性を網羅 多忙な仕事あってこそ もう二人は子供じゃないだけど ねぇくるみこの街の景色は ねぇくるみこの街の景色は lookin' for love 今建ち並ぶ いつの間にかこんなふうに やっと一息つけるねって思った 言葉はなかったメロディーすら エビバデ・クラップ・ユアー 届いてくれるといいな君の 毎月決まった日振り込まれてくる 夢の続きのように君の笑顔も Coffeeぐらいで火傷したのが 聞こえてくる流れてくる フェードアウトしてゆく優しい 積み上げてまた叩き壊して 通り過ぎる愛の言葉唇を重ねた シーラカンス君はまだ. 東京に行くという覚悟を決めた時点で、プロになるしかないっていう感じではありましたね
何よりも大切で、素敵な輝きを放っているそれはまさに 宝物なのでしょう くだらないことで笑って何気ない会話で泣いて ひとつひとつの出来事に 栞を挟んで 忘れないように 無くさないように アラジンのように魔法の絨毯に乗って 迎えに行くよ、魔法は使えないけど お金もないし、力もないし、地位も名誉もないけど 君のこと離したくないんだ 君が仮にどんな恋を重ねてさ、どんな人と笑い合ったか 1人で考えて 勝手にへこんで 眠れない夜を過ごしてさ 仮に雨が降って びしょ濡れになっても ぼくが迎えに行くから 笑って泣いて見つめ合って 抱きしめ合って愛し合って ジーニーのように魔法のランプから出て 笑わせるよ、魔法は使えないけど お金もないし、力もないし、地位も名誉もないけど 君のこと守りたいんだ アラジンのように魔法の絨毯に乗って 迎えに行くよ、魔法は使えないけど お金もないし、力もないし、地位も名誉もないけど 君のこと ジーニーのように魔法のランプから出て 笑わせるよ、魔法は使えないけど お金もないし、力もないし、地位も名誉もなにもない だけど君を守りたいんだ. 最近はお家時間が増えて TVや などを見る機会が増えました
素晴らしすぎませんか? 何も持っていない僕だけれど 君のことを守りたいんだ
「君を離したくない」と語りかけていたことから分かるように、そういったモヤモヤはいわば独占欲の現れ アクセス回数:150回 リリース日:2006年10月25日 恋愛写真 作詞 愛 作曲 愛 唄 大塚愛 碧々とした 夜空の下で あなたが見てた 後ろ恋姿 時折見せる 無邪気な寝顔 あたしが見てた 恋しい姿 どんなひとときもすべて 忘れないように 夢中でシャッター切るあたしの心は 切ない幸せだった 『ただ、君を愛してる』 ただそれだけでよかったのに 雨降る時の 交わしたキスは つながれていく 2人の姿 一生にもうないこのキモチ うまく言えないけど あなたに出会ってあたしの毎日は キラキラと輝いたよ 『ただ、、、君を愛してる』 あなたがくれた幸せよ 『ただ、君を愛してる
たくさんの「お金」や「力」と同じくらい、あるいはそれ以上に、鮮やかに彩られた毎日の出来事が大事と考える人は多いでしょう 5/15のブログで挙げさせてもらいます
また、動画のアップロードは2年前でありながら、ここ最近に投稿されたコメントが多くを占めているのも注目ポイント この歌詞が多くの人に響いて今の人気にも繋がっているのではないでしょうか
皆さんのお薦めも是非教えて頂ければ嬉しいです ゼロでした
39 74
恋が生む、ポジティブなエネルギーとネガティブなエネルギー。 よければ聴いて頂けると嬉しいです。 僕の地元は栃木なんですけど、当時ライブハウスは宇都宮にしかなくて、栃木で音楽をやるにはあまり環境が整ってなかったんです。 今回、音楽ルーツからこれまでの活動について、「魔法の絨毯」が生まれた経緯など、話を聞いた。 — ぽっぽblog blog61528169 携帯片手に歌っているので どうしても雑音や音が大きかったり 色々とあるかもしれません。 主人公本人も「勝手に凹んで眠れない」 自分の弱々しさを痛いほどに自覚し、歌詞の中で赤裸々にその想いを打ち明けていますね。 それは、2人がお互いに愛を持って接して 初めて生まれるかけがえのない宝物です。
65