マイナ ポータル ログイン。 マイキープラットフォーム

2019年11月5日 ご自身の所得情報や予防接種の記録などの自己情報を確認するのみならず、その提供まで行うことができる自己情報取得APIの提供を開始• マイナポータルにログインする際に必要なもの パソコンの場合 スマホの場合 ・に対応のパソコン ・マイナンバーカード ・アプリ「マイナポータルAP」 ・ICカードリーダー マイナポータルAP対応スマホで代用可 ・マイナポータルAP対応スマホ ・マイナンバーカード ・アプリ「マイナポータルAP」 スマホからログインする場合、iPhoneなら7以降、AndroidならAQUOSやXperia、Galaxyなどが対応しています。 結局、サービスの充実や文言の分かりやすさを含めた操作性の向上がないと、普及はしなさそうな…。 Androidの場合は、NFC/おさいふケータイの機能をONにしてください. サービス検索・オンライン申請機能 お住まいの市区町村の、子育てや介護をはじめとするサービスの検索やオンライン申請ができます。 個人的には、住民票などの取得について、申請・手数料支払いを行うと、自宅に郵送で届くなどのサービスや、地元に戻らないと取得できない戸籍謄本などが郵送で取得できるなどのサービスを拡充してくれれば、もっと利用者は増えると思うんだけどねぇ…。 サービス検索 調べたい地域、手続のカテゴリー、キーワードなどでご自身にあったサービスを検索できます。 もっとつながる(外部サイト連携) 外部サイトを登録することで、マイナポータルから外部サイトへのログインが可能になります。 マイナポータルでできる主なこと• 一方、上表の右側に掲載しているサービスは、利用者登録を済ませていないと利用できません。 マイナポータルとは? マイナンバー制度(2016年1月~)の開始後、約2年の期間を置き、行政主導のウェブサイト「」が2017年11月13日から本格運用を開始しました。 よくあるご質問についてはをご覧ください。
9
詳しくは、マイナポイント事業のホームページをご確認ください 株式会社NTTドコモのAIエージェントサービス「my daiz」との連携イメージは、以下のとおりです
」の二通のメールが届く また、音声での検索や、利用者が任意で登録するお住まいの地域情報を利用し、市区町村の選択を省略した、らくらく検索も可能です
マイナポータルの「ぴったりサービス」に移動して電子申請や内容確認 検索した子育て関係サービスで「申請する」ボタンをタップすると「LINE」からマイナポータルの「ぴったりサービス」に移動(「LINE」からは完全に離れます)して、「ぴったりサービス」上で電子申請やサービスの内容確認ができます 「my daiz」で子育てや介護をはじめとする行政サービスを検索 マイナポータルのmy daiz公式アカウントとのメッセージのやり取りを通じて、マイナンバーや氏名等の個人情報を入力することなく、子育てや介護をはじめとする行政サービスを検索し、利用者の希望に合ったマイナポータルの「ぴったりサービス」が利用できます
サービス名称 概要 さまざまな手続きの検索・書類作成・申請ができるサービス ドコモのケータイ以外でも、dアカウントがあれば利用可能
お知らせ 行政機関等から配信されるお知らせを受信することができます ・一度申し込んだサービスを変更することはできませんので、サービスの詳細情報をマイナポイント事業のホームページで事前によく確認いただき、慎重にサービスを選択してください
・一部の決済サービスでは、申込みに先立ち、別途、事前の手続が必要となります よくある質問/問い合わせ登録 操作方法に関するFAQを確認したり、問い合わせができます
39