キャノンデール トップ ストーン。 【キャノンデール・トップストーンカーボンのインプレ①】ロードバイクとグラベルバイクは何が違うのか?(スペック編)

傷や汚れなどある場合がございますので現品確認の上、店頭にてお買い求め下さい。

適度なノブはオンロードでも軽い走りが可能です。
エアボリュームたっぷりなタイヤ、安定感のあるライダーポジション、スポーティなハンドリングでどんな状況にも対応 沈み込んだリア三角がバネとなり、押し返してくれるリズムがペダリングを軽快にし、バイクの推進力に加担してくれる
先日いろいろな経緯があってキャド12 が実家に行きました それぞれ異なったダンボール等でお送りする事があります、予めご了承ください
とくにガレた道で後輪のトラクションを生かしたテンポのいい高回転のペダリングを保ちやすく、細かなアップダウンが連続するシーンでは、バイクのパフォーマンスの高さが存分に感じられる 製品製造上の欠陥とみられる場合など、スタッフまでご相談下さい
の長野側です さらにキャノンデール独自のAiオフセットを採用する事で理想のホイールとフレームの構造を実現
155• フレームサイズ毎にライダーの平均体重を想定し、チューニングされている 375• フルサスでグラベルライドが変わる? いままでグラベルロードには魔改造しない限りフロント、ないしはリアにしかサスは存在しませんでした
370• これは誰でも実感できるレベルだと思う 2度のヘッドアングルからやや長めにとられたフロントセンターで高い巡航性能を保ってくれる
BB付近はMTBを思わせる大ボリュームとなっており、パワフルなペダリングにもしっかり対応 重量とタイヤ幅とギヤ比です
8

しかし、それこそがキャノンデール技術陣が意図したことだったようだ。

直進安定志向ながらハンドリングも自然。

シートポストは今や定番のインビジブルクランプを用いることでシートポストをしなりやすくし腰への負担を軽減。

シートステーには「シートチューブを押す」という任務が与えられているため、あえて剛性を高くしてあるという。

RIDE3000はロードバイクとしては重いほうですが、4年かけてカスタマイズしてきただけあって、デフォルト状態のトップストーンCと比べると2Kgも軽量。

自転車と一緒にご注文頂いた部品・用品を自転車にお取り付けご希望の場合は別途取り付け工賃が必要となります。

14