柳川 うなぎ。 柳川で「絶品うなぎ料理」が食べられる店5選!せいろ蒸しが有名な老舗や専門店を厳選|じゃらんニュース

有明海と優雅な柳川で自然豊かな地、福岡県柳川市は観光と産業両面一体で賑わう、情緒溢れる街です。
贅沢な堀沿いの柳並木を散策がてら、この土地ならではの鰻を味わってみませんか そして一度かば焼きにしたうなぎをタレにかぶせたご飯にのせて再度 蒸します
創業以来、初代店主が考案したタレと調理方法を今も守り続けています 柳川名物「うなぎのせいろ蒸し」は、柳川では元来「うなぎ飯」と呼ばれてきました
本店のほか、柳川市に沖端店、福岡市に岩田屋店を構えています 最後に錦糸卵を散らせます
柳川で食べられる美味しいうなぎの店 元祖 本吉屋 300年以上渡り守り続けてきた初代考案のタレが味の決め手 天和元年(1681)年創業の「元祖 本吉屋」 あらかじめ蒸してあった白米の上にのせて、ふたたび蒸し上げます
柳川市でぜひとも味わっていただきたいグルメが うなぎのせいろ蒸しです せいろ蒸しのほかに、白焼きや蒲焼きも食べられます
名物のせいろ蒸しのほか、蒲焼きや素焼き、ほねせんべい、鰻巻きなど一品メニューも豊富 電子レンジなどない時代に、一度冷めてしまったものでも、できたてと同じような味わいを楽しみたいと先人が編み出した調理方法です
お店の目の前には、川下り観光コースのコースにもなっているお堀と、柳川の地名の由来となった柳の並木道があります 通常便とクール便の2つがあります
そして、うなぎ本来の臭みがなく、お子様からお年寄りまで満喫できる、 極上のうなぎの食べ方が完成します 「お客様」のご都合による返品について、当該商品にかか る送料等の諸費用は「お客様」にご負担いただきます
若松屋のせいろ蒸しは、うなぎの味わいもさることながら白米に特徴が 落ち着いた和の空間で、心ゆくまでせいろ蒸しを堪能することができますよ
いずれも、高級料亭を思わせる佇まい。 柳川といえば古くから観光の街として有名です。 鰻めしは、ご飯の上に鰻の蒲焼と錦糸玉子をのせてセイロで蒸した柳川を代表する鰻料理です。 そこで、今回柳川市でおすすめするうなぎのお店を 15店舗ご紹介します。 脂がたっぷりとのったうなぎは蒸される事によって、ふんわり柔らかい食感と香ばしさが口全体に広がります。 うなぎと言えば、かば焼きやうな重が有名な食べ方で、通は白焼きを好んだり、うなぎの肝を使ったお吸い物はうなぎに良く合う汁物です。
79
国産鰻を使い、ガスを一切使用しないで木炭で焼き上げています。 ランチに訪れるのもいいですが、柳川の夜をゆっくり楽しみたい人にもおすすめですよ。 せいろ蒸しとは、ご飯を硬めに炊き、うなぎのタレをかぶせます。 もちろん、柳川市にあるうなぎ屋さんもかば焼きやひつまぶしを提供しているお店もありますが、柳川市ならではのうなぎの食べ方は せいろ蒸しです。 そんな多様な食べ方と高級食材でもあるうなぎですが、柳川市では「 せいろ蒸し」を特産品として売りにしています。 せっかくの名物うなぎのせいろ蒸しを味わうには、ランチが安い、有名店である、老舗で安心してうなぎが食べられるなど、条件は人によって異なってきます。 柳川市の特産品でもある名物料理、うなぎのせいろ蒸しを提供しているお店は、柳川市内だけで40店舗以上あり、うなぎの グルメ激戦区とまで言われています。 柳川の人々に親しみ深い「地元九州のあまい醤油」を使用し栄養価の高い「うなぎ」食材を食べやすくするため、ご飯にタレをまぶし、ふっくらと蒸し上げる調理を行い地元を中心に筑後地区に広まったとされています。 また、高い吹き抜けとどっしりとした太い梁が印象的な和モダンの「南風のまほら館」は、日々の喧騒を忘れてゆったりとした時間を過ごせますよ。
98