アル アハリ 対 バイエルン。 FIFAクラブワールドカップ準決勝「アル・アハリvsバイエルンミュンヘン」をGKをチェック!

シュートを諦めたのか、フリーのもう1人の選手へパス。

良い準備ができる堅実なプレーも! 気になったシーンですが、このように、バイエルンのカウンターからゴール前でFWが2人、DFが一人という状況になりました これはW杯であり特別な大会
さらに69分にはロカに代えてトリッソを投入する アフリカ王者のアル・アハリが1-0の勝利を収めた
また、バイエルンは2009年のFCバルセロナ(FC Barcelona)以来史上2チーム目の6冠達成に王手をかけた ブンデスリーガ1部で得点ランクトップに立つレワンドフスキは、今季公式戦27試合で29得点を記録
【アル・アハリ 0-2 バイエルン クラブワールドカップ準決勝】 クラブワールドカップ準決勝、アル・アハリ対バイエルン・ミュンヘンの試合が現地時間8日に行われた しかしティグレスも38分、CKのボールをニアで触ったところを元フランス代表FWアンドレ・ピエール・ジニャックが蹴り込み同点に
17分、セルジュ・ニャブリがゴール前に折り返したボールにロベルト・レバンドフスキが合わせてバイエルンに先制点が入った モハメド・エル=シュナウィ選手は予測していたと考えられます
【得点者】 30分 0-1 フセイン・エル・シャハト(アル・アハリ) フットボールチャンネル編集部. レワンドフスキは、「今季6個目のタイトルを取りたい 2得点を記録したロベルト・レワンドフスキ(Robert Lewandowski)は、年間6個目のタイトル獲得に向けてチームは一丸となっていると話した
そうすることによって、モハメド・エル=シュナウィ選手は思いっきり前に飛び出すことができます ボールを回して時間を使いながら、余裕を持って試合を終わらせたバイエルンが北中米カリブ海王者ティグレスの待つ決勝へと駒を進めた
2タッチ目のシュートでネットを揺らし、バイエルンが先制する アフリカ王者のがアル・アハリで1-0の勝利を収めた
85分には、レロイ・サネのクロスにレバンドフスキがヘディングシュートでゴールへ押し込み追加点 前半、終始ボールを支配して攻勢を続けたバイエルンだったが、1点差のまま迎えた後半、アル・アハリが前半よりも攻撃に人数をかけて反撃に出る
決勝ではさらに良いプレーをし、決定機をもっとつくりたい」と意気込んだ 開催国王者のアル・ドゥハイルは当初プレーオフからの参戦予定だったが、コロナ禍によってオセアニア王者のオークランド・シティ ニュージーランド の参加辞退が決定し、不戦勝という形で準々決勝からの参戦となった
バイエルンはロベルト・レバンドフスキやトーマス・ミュラー、キングスレー・コマンやセルジュ・ニャブリなどを先発起用した レワンドフスキは、「今季6個目のタイトルを取りたい
2022年W杯(2022 World Cup)の舞台となるアフメド・ビン・アリ・スタジアム(Ahmad Bin Ali Stadium)でバイエルンは、17分にレワンドフスキのゴールで先制すると、86分には再びレワンドフスキがリロイ・ザネ(Leroy Sane)のピンポイントクロスに頭で合わせて決勝進出を決めた 17分、セルジュ・ニャブリがゴール前に折り返したボールにロベルト・レバンドフスキが合わせてバイエルンに先制点が入った
その結果、シュートは外れていきました リードを守り切ったバイエルンが2-0の勝利をおさめている
18