ハンバーグ レシピ。 「蒸し焼きハンバーグ」レシピ/ ケンタロウさん

しょうゆ小さじ1• じゃがいも3個• 卵を入れる方も多いのでは? 卵は熱で固まるのでハンバーグがまとまりますし、保水性がありやわらかい食感になります。

こしょう少々• 大豆たんぱくとパン粉が入っているから、ふっくらと焼きあがるのね」 フライパンに残った肉汁にトマトケチャップ、ウスターソースを加えて混ぜ、中火にかけ煮立たせます。

先ほど盛り付けたハンバーグにかけていただきましょう。

ブロッコリーは小さめの小房に切る。

焦げが固まっていれば箸で取り除いたりキッチンペーパーで軽くふき取ったりして、脂が多いようなら(ヘルシーに仕上げたいなら)スプーンで適宜先に減らしておくとよいです(脂が多い分には特に問題はないので、気にしないのであればそのままでOKです)。

それが「ミート矢澤」(五反田)の、唯一無二のハンバーグだ。

ひき肉を用意して混ぜて焼くだけで、とても簡単に本格的なハンバーグが完成しました。

脂とうま味のバランスから、牛肉と豚肉の比率は7:3か6:4くらいが美味しいと言われていて、お店で売られている合いびき肉もだいたいそれくらいの比率が多いようです。

ナツメグは漢方にも使われているスパイスで、ハンバーグに入れると香りをつけ、ひき肉のくさみを抑える役割があります。

強火で1分ほど焼き、弱火で3分ほど焼いたら裏返して強火で1分ほど焼き、蓋をして中火で3分ほど焼いて、器に盛りつけます。

なんと用意する食材はひき肉だけです 黒田さん「これくらい粘りが出るまで混ぜることで、肉同士がしっかりと決着し割れづらくなります
」 フライパンに残った肉汁にソースの材料を加え、混ぜながら軽く煮詰めます お好みで炒め加減を調節してください
火加減は弱火を少し強くしたくらいにして2〜3分ほど焼きます 黒田さん「肉汁と脂をそのまま活用することで、美味しいソースができます
黒田さん「真ん中をくぼませるのはさっきと同じ まず、調味料を合わせる前にフライパンに残った脂の分量を確認します
ハンバーグの玉ねぎの炒め方 基本となるハンバーグの材料は 『合びき肉、玉ねぎ、パン粉、牛乳、おろしにんにく』で、ここに塩や胡椒といった基礎調味料を加えて作ります ウスターソース大さじ2• パン粉1カップ• ひき肉はちょっと多めでもいいかも! 材料・作りやすい分量• お店では、このあとスチームコンべクションという機械に焦げ目のついたハンバーグを入れて蒸らすらしいのですが、家にはそんな機械はありません
30 99