コルト ラリー アート バージョン r。 ボディ強化の特別な「三菱コルトラリーアート」、300台限定で発売 【ニュース】

エクステリアは、ラリーアート社製のスポーツマフラーを採用。 17
7万km 車検残:あり(約1年) 車両状態:フルノーマル 購入時総額:103. 特別仕様車「Limited」(2WD車)についても、あらたに環境対応車普及促進税制に適合した スタイリッシュなエクステリアと便利機能をパッケージで装着した「Limited コンフォートパック」も同時に設定
MTでFFターボ車の場合はどんなにフラットなトルクといえども、発進時にアクセルを大きく踏み込むとトラクションを失いやすい 特にメーカーが施したチューニングモデルならばなおさらかもしれない
ギアチェンジを急がされる感じはあざといとも言えるが、ホットハッチというのにはそんな演出が似合う が、2000年代前半は1990年代初頭のバブル経済崩壊、その後に起きたRV・ミニバンブームの余波を受けて、セダンやコンパクトカーにも高い居住性が求められた時代
さらに、ブラック基調の内装と、専用外観としたスポーティグレード「1. それがコルト・ターボにはあります 限定販売でさらなるスポーティグレードも 限定仕様で 「ラリーアートバージョンR・スペシャル」や 「ラリーアートバージョンR・レカロ」といったモデルもデビューしています
トルクが太く、ターボも低回転から効き始めるので出だしから強烈な加速を発生でき、ストレスの無い走りを味わえます けっこう希少です
クラッチを踏み込むとクラッチ板が少々劣化しているようだ 専用色のライトニングブルーマイカが新たに採用され、標準車にも設定のレッドマイカ・ブラックマイカと合わせ、全3色の設定
駆動方式はFFとVCU(ビスカスカップリング)式フルタイム4WDが選べる 気むずかしさと官能性能を併せ持つ機械を使いこなすのも楽しいが、それとは違った楽しみ方
レカロ社製フルバケットシートをメーカーオプションで設定する コルト ラリーアートバージョンRは、ベースのコルトよりもリアのロール剛性を向上させているため、ターンインでスッと内側に頭を向けてくれ、とにかく運転が楽しい
生産拠点 [ ] 三菱自動車工業名古屋製作所岡崎工場() レカロシートはオプションもしくは、それを標準装備するレカロエディションというグレードで装着されている
68