類 塾 やばい。 類塾と馬渕教室どちらがいいのでしょうか?

76
同社はこの件を含む複数の訴訟で、講師らとは労働契約を結んでおらず、労働基準法上の労働者ではないと反論 社員は入社後一定期間を経ると株式が譲渡され登記されるため、全社員が名実ともに株主であり取締役となっている
類グループの事業部門は、総合設計事務所である「類設計室」、教育活動を行う「」、不動産に関する事業を展開する「類地所」、有限会社である「類農園」、共認形成を社会的に行う「社会事業」、そして全社の統括と全社の新戦略の推進を行う「類本社」と多角的に経営 それはニュースとるいネットを見る機会が増えてきたこと
会社は労働法規を守るべきだ」と訴えている 中でも類設計室は、建築プロジェクトを通じて、活力ある未来を描くことを志している
ちなみに私は個人塾をしていますが、生徒には毎日こさせて、テスト対策も三週間前から鬼のようにやらせてますが、成績が伸びてるので生徒は喜んできます ストレスが限界に達してから転職サイトに登録するのでは遅すぎるから 逃げ道があると分かると精神的にグッと楽になるから この2つです
学校の強制圧力は人間をダメにしてしまう 「先生も答えはわからない、言っていることは間違いかもしれない、一緒に答えを探して社会で生き抜ける人間になっていこう」という姿勢で、生徒たちにぶつかっていけるようになりました
1987年 プロデューサー制・専門分化体制導入 予備校に通うと成績に対する厚いサポートは得られますが、それだけでは今後の入試は突破できないと感じている生徒が増えてきています
合格発表後、馬渕教室が公表した塾生の合格者数は182人、類塾は175人で、合わせて定員のほぼ全てを占める357人にのぼった
55 1