軍艦 朝鮮 ハワイ。 「軍艦、朝鮮、ハワイ」のかけ声で遊ぶ 「軍艦じゃんけん」に突如注目が集まる: J

どちらかが勝つまで行い(あいこでもかけ声は変わらない)、勝った方が親となる 親決めの際のかけ声も「せんそう」「ぐんかん」などバリエーションがある
言葉の意味はわからずらしいですけど 先生とかが聞いたら やめましょう 子供たちはグーを「軍艦」、チョキを「朝鮮」、パーを「ハワイ」として、大きな声でゲームに興じていたらしい
「ハーワーイ」• ってならないのでしょうか? 知らなかったので そんな遊びもあるんだなー と思ったのですが なんか、ずっと 子供の口からそのフレーズを聞いてたら 違和感がありすぎて. どちらかが勝つまで行い(あいこでもかけ声は変わらない)、勝った方が親となる 安倍にはその慎みも嗜みもなく隣国の心を逆撫でしている
手の構成はと同じ 「じっけった」• 今は、そんなふうにいうんだ~
親決め以降のじゃんけんは、同じ手(あいこ)の場合は続行 そこまで気にする必要は無いと思われるかもしれませんが、アメリカ人の子供たちが日本で『ゼロ戦、沖縄、広島!』と楽しそうに遊んでいたら良い気はしないでしょう」 と綴り、子供を放置している親の無頓着さや、 子供たちに対する太平洋戦争などの教育が不十分なことなどを問題視した
(いやいや男ならいいというわけではないですが 「ドンシャ」• 私が子供のころですら聞いたこともなく、私の父が子供のころには、『軍艦、沈没、破裂』というじゃんけんがあったことは伝聞として聞いている程度」 などと、現代の子供たちが遊んでいることに違和感を持って松田氏の目撃情報を疑う人まで現れた
「にっちゅうーだー(日中だぁ?)」• どちらかが3点先取するとゲーム終了 私の子ども達も遊んでいましたが、意味を説明してやめさせました
松田氏「日本で『ゼロ戦、沖縄、広島!』良い気しない」 松田氏は2014年9月19日、「韓国での軍艦ジャンケン」と題したブログ記事を公開した 1回目のじゃんけんで勝った方が「親」となり、「出した手、出した手、出す手」の順で手の動きに合わせた言葉を発する
なお、かけ声の内容から察するに戦時中に始まった遊びとみられるが、詳細は明らかになっていないようだ 遊び方 以下は代表的な遊び方のバリエーションの一つである
52 36

勝敗は点数先取制、または痛みに根を上げるかどうかで決める。

福岡県の30代、徳島県の60代は「初めて聞いた」という。

勝敗のつけ方はいろいろあるが、以下は3点先取制として上記 例3を応用して遊んだ場合。

これについて松田氏は、 「はたして親御さんたちは意味を教えているのか不思議になりました 近くにいた年配の韓国人は明らかに軍艦や朝鮮という言葉に反応していました。

手の構成はと同じ。

「ちーけーた」• 「ぐーんーかん(軍艦)」• >その小学校へ忠告の電話や手紙を入れるのはおかしいでしょうか? …おかしいです。

親は「軍艦」「朝鮮」「ハワイ」のうち任意の手をかけ声とともに3回出す。

88