週刊 文春 中 吊り。 なぜ不倫スクープを連発できるのか!? 「週刊文春」元記者が”文春砲”取材の舞...|テレ東プラス

36
6月29日発売号でさっそく藤井四段を取り上げているが、通勤電車内に掲示される車内吊り広告を見たファンから驚きの声があがっているというのだ 「もちろん責任をとる必要はあると思う」との前提の上で、「戦争は日本だけじゃなく韓国だって起こしている
さらに、先輩アナを名指しして「仕事ないじゃん」「あの人でも辞める気ないよ」「いてもあんまり意味ない」と話していた 』 キム・ハナ、ファン・ソヌ 『わたしが行ったさびしい町』 松浦寿輝 編者は語る 小澤みゆき 私の読書日記 鹿島 茂 ミステリーレビュー 池上冬樹 名著のツボ 石井千湖 見もの聞きもの テレビ健康診断 青木るえか 木曜邦画劇場 春日太一 ネット秘宝を探せ! 佐々木健一 その他の世界 木下直之 愛希れいか クローズアップ ルイーズ・アルシャンボー 言葉尻とらえ隊 能町みね子 シネマチャート/注目の展覧会/ピックアップ マンガ タンマ君 東海林さだお 沢村さん家のこんな毎日 益田ミリ 日々我人間 桜 玉吉 新聞不信/食味探検隊 てこずるパズル/淑女の雑誌から 伊藤理佐のおんなの窓/読者より/表紙はうたう(和田 誠). 現在、赤石さんはフリージャーナリストとして韓国慰安婦問題の裏事情を徹底取材している
衝撃の文春砲はどうやって生み出されたのか? 「記事がデカくなりそうだと1ヵ月、下手したら半年とか追い掛ける」と赤石さん
最近では、某女性アナウンサーの夫の不倫をスクープし世間を驚かせたが、なぜ文春は不倫スクープを連発できるのか? 赤石さんがある不倫相手を取材した時も、最初は「絶対にしゃべりたくない」と言っていたものの、結局全部しゃべってくれたそう この放送は「」で期間限定配信中!. 赤石さんは「要は政治家とか慰安婦問題の支援活動かみたいな人たちが"日本が悪い"と大声で言うので、それが日本に伝わってきて"韓国の人は変だ"という意見が出るという不幸な構造がある」と分析
途中からサルに見えてきた」などとスタッフを小馬鹿にする発言もあった 1つの取材にあたる人数はピンキリ
有力な情報を入手するため、飲食店などでターゲット以外を全員記者で埋め尽くすこともあるのだという 路上キスを撮られるカップルに対し、赤石さんは「信用と その時の テンションからしてしまうのかなと」と推測しつつも、「張り込みをして、何でこんなところでキスするのかなと思いますけどね」と本音を
3月18日(木)の放送では「週刊文春」元記者が、世間を震撼させる"文春砲"の驚くべき取材の裏側を大暴露! 元「週刊文春」の敏腕記者で現在はフリージャーナリストの赤石晋一郎さん 背負っているリュックは品切れとなり、昼食メニューには注文が殺到
「週刊文春」のスクープ報道は、衝撃の証拠写真、徹底的な裏取りによる第2、第3の矢を放つ取材力から、世間で"文春砲"と呼ばれている 他、無名から売り上げNo. この間、県内の若者を中心に《おきなわ、休業中
海外まで追うこともあり、グアムから国際電話で「今いるから来てくれ!」とタレコミが入り、すぐ向かったということも 「反響の大きそうなネタの場合、5〜10人ほどのチームを組み、時間をかけ入念に取材を進めるかたちをとります
ところがその見出しと藤井四段の顔写真との間には、別の記事に登場する市川海老蔵の顔写真が挟まっている 現職閣僚も小誌に「対策がブレブレで酷い」と嘆く
37