J オイル ミルズ。 J

AJINOMOTOヘルシー• AJINOMOTO健康こめ油• 4割長持ちを実現した新製品「すごい長徳」(J-オイルミルズ) J-オイルミルズは、業務用油脂の主力製品「長調得徳」を「長徳」シリーズに刷新し、新製品「すごい長徳」を7月から順次全国発売する。

「長調得徳」シリーズは、長く使えるフライオイルとして業務用市場に定着した「長持ち油」の代表商品。 希に系「」の筆頭スポンサーである「」名義でもCMを流したこともある。 近年、生活者の健康志向や、サステナブルな消費行動への関心は高まりを見せています。 他にも多くの事例や稼働率などの実績を踏まえ、日立なら安心して基幹系システムをクラウドへ移行できると判断しました」と評価します。 AJINOMOTO香(シャンラーユ)• そのため、この経験と知識を貴社で活かし、研究開発において今までになかったような健康成分や酸化に強い油脂を開発・活用したいです。 貴社はいち早くキャノーラ油や大豆胚芽の健康作用に着目され、オイルが健康に悪いという概念を打ち消し、健康的な生活を応援する姿勢に強く興味を持ちました。 FryUp(フライアップ)• 「ソフトウェアの保守期限が近いシステムはクラウド上で新規構築する一方、機能アップ要件がなかったり保守期限が数年先であったりするシステムは、バージョンアップせずそのままP2Vで移行するという日立さんの提案は、移行負担やコストを最小化する非常にいい判断だと思いました。 AJINOMOTOさらさらキャノーラ油 軽やか仕立て• 私は学生時代のアルバイトで様々な視点を持つことで、それまでは見えなかった課題が見えてきたり、課題に対する答えが明確になることを学びました。 現行 [ ]• 独自技術「SUSTEC4」によって、フライオイルの酸価上昇と着色を4割抑制し、これまで以上に揚げ物の油っぽさを低減するとともに、おいしさを長持ちさせることで、一般的なフライオイルよりも4割長く使え、油のニオイも2割抑えられる。
また、御社では特にエンジニアは少数精鋭だからこそ1人に任せる裁量が大きいということも伺いました 旧ブランド [ ]• グリーンのテーマカラーには、あぶら・でんぷん・たんぱくを生み出す植物を信じてサステナブルな未来に貢献するという意志をあらわしています
プレスリリース , 株式会社J-オイルミルズ, 2021年5月18日 , 2021年6月17日閲覧 5月 - 子会社の株式会社J-ケミカルの全株式を株式会社へ譲渡
- 東京証券取引所に上場 この「Joy for Life」は同年9月20日付でされ 、2021年4月の「JOYL」ブランド制定後も継続されている
2000年7月 - と合弁で豊年リーバ(2代目)を設立し、製菓製パン材料など業務用加工油脂と家庭用のなど家庭用油脂事業を行う 4月に味の素製油、ホーネンコーポレーション、吉原製油の3社が統合して設立された
油は食品にとっては欠かせないもので、風味や機能性を持った油を作りだせる貴社の技術力があればこの先も食の幅を広げられます 豊年の資本撤退や数度の社名変更を経て、現在は・ホールディングスである
- 「大豆白絞油」発売 さらに通常なら自前で用意しなければならないシステムバックアップやデータバックアップまでをサービスとして取りそろえている点は、さすが基幹系向けのサービスだと感心しました