租税 特別 措置 法。 所得税関係 措置法通達目次|国税庁

第一款 連結法人の国外支配株主等に係る負債の利子等の課税の特例(第六十八条の八十九)• イ 権利変換手続開始の登記• 第四十条の四 次に掲げる居住者に係る外国関係会社のうち、本店又は主たる事務所の所在する国又は地域におけるその所得に対して課される税の負担が本邦における法人の所得に対して課される税の負担に比して著しく低いものとして政令で定める外国関係会社に該当するもの(以下この款において「特定外国子会社等」という ロ 当該建築物の特定増築等をした場合 当該建築物に係る建築面積が一五〇平方メートル以上であること
)の請求権(剰余金の配当等、財産の分配その他の経済的な利益の給付を請求する権利をいう 01 施行• 畜産物の価格安定に関する法律及び独立行政法人農畜産業振興機構法の一部を改正する法律の施行に伴う関係政令の整備に関する政令• ㈢ 勤労者財産形成住宅(年金)貯蓄の利子所得等の非課税措置について、次の措置を講ずることとした
㈡ 一定の国税関係帳簿に係る電磁的記録等の備付け及び保存が、国税の納税義務の適正な履行に資するものとして一定の要件を満たしている場合において、当該電磁的記録等(一定の日以後引き続き当該要件を満たして備付け及び保存が行われているものに限る この場合において、当該提供があったときは、当該書類の提出があったものとみなす
以下この条において同じ イ 研究開発費として損金経理をした金額のうち、棚卸資産若しくは固定資産(事業の用に供する時において試験研究の用に供する固定資産を除く
1 法人税関係特別措置(減収効果のあるもの) の適用を受ける法人は、適用額明細書を法人税申告書に添付しなければならない(平成23年4月1日以後終了する事業年度の申告から適用) (国税徴収法第一八七条関係) 七 租税特別措置法の一部改正関係 1 個人所得課税 ㈠ 利子所得の分離課税等について、同族会社が発行した社債の利子のうち、その同族会社の判定の基礎となる株主である法人がその支払を受ける者(以下「対象者」という
ただし、当該利子のうち、国内に恒久的施設を有する非居住者が支払を受けるものでその者の国内において行う事業に帰せられるものその他の政令で定めるものについては、この限りでない )を受けた同法に定める認定計画(以下「認定民間都市再生事業計画」という
㈢ 直系尊属から結婚・子育て資金の一括贈与を受けた場合の贈与税の非課税措置について、次のとおり見直しを行った上、その適用期限を二年延長することとした )において経理したものにつき、当該外国法人に対して支払う利子については、所得税を課さない
)となる費用の額を加える 第二款 準備金(第二十条・第二十一条)• )を、当該特定振替機関等(当該特定振替機関等が特定口座管理機関である場合には当該特定振替機関等及び特定振替機関とし、当該特定振替機関等が特定間接口座管理機関である場合には当該特定振替機関等(当該特定振替機関等が他の特定間接口座管理機関から当該振替国債の振替記載等を受ける場合には、当該特定振替機関等及び当該振替国債の振替記載等に係る他の特定間接口座管理機関)及び当該振替国債の振替記載等に係る特定口座管理機関並びに特定振替機関とする
租税特別措置法施行規則等の一部を改正する省令• 租税特別措置法施行令等の一部を改正する政令• )をするものが、その媒介等に基づきその利子の交付を受けるときまでに、その利子(第三条の三第三項又は第六項の規定の適用があるものを除く 「平成28年度税制改正:ワンポイント解説シリーズ」では、2〜3分でスッキリご一読いただける税制改正解説を提供しております
ただし、特別税額控除額については、当期の税額の一〇〇分の二〇相当額を限度とし、税額控除限度超過額については四年間の繰越しができる。 適用実態調査の実施等• 弊社の編集担当者が独自に選んだ法改正情報をピックアップして掲載しています。 2 行政機関の長等は、政策評価を行うため、財務大臣に対し、適用実態調査により得られた情報の提供を求めることができる。 )を発行した他の法人を株式交付子会社とする株式交付によりその所有株式を譲渡し、その株式交付に係る株式交付親会社の株式の交付を受けた場合(その株式交付により交付を受けた株式交付親会社の株式の価額が交付を受けた金銭の額及び金銭以外の資産の価額の合計額のうちに占める割合が一〇〇分の八〇に満たない場合を除く。 イ 当該非居住者又は外国法人が、当該振替地方債の利子につき最初にこの項の規定の適用を受けようとする際、その旨、その者の氏名又は名称及び住所その他の財務省令で定める事項を記載した書類(以下この条において「振替地方債非課税適用申告書」という。 第十五節 連結法人である認定農地所有適格法人の課税の特例(第六十八条の六十四・第六十八条の六十五)• 01 施行• ただし、特別税額控除額については、当期の税額の一〇〇分の二〇相当額を限度とし、税額控除限度超過額については四年間の繰越しができる。 この場合において、当該提供があったときは、当該申告書の提出があったものとみなす。 )については、所得税を課さない。 )の一〇〇分の五に相当する金額を控除した金額とする。