チェンソー マン 岸辺。 【チェンソーマン】61話のネタバレ【岸辺の衝撃的計画が明かされる!?】|サブかる

これを巻頭カラーに持ってくる辺り、先生のセンスを感じずにはいられない。

クァンシが「残りの魔人二人はどうした」と聞くと、岸辺は「逃げられた」「ここら一帯公安と警察で囲むからすぐに捕まるぞ」と答える。

が、 それに対するクァンシ様の返事は「無理」という一言と容赦のないパンチ。

契約悪魔 契約悪魔は爪の悪魔・ナイフの悪魔・針の悪魔。

俺がお前達を最高にイカした奴らにしてやるよ 引用元:「チェンソーマン」30話 デンジとパワーを鍛えてほしい、とマキマから依頼された岸辺。

名言がかっこいい 引用元:「チェンソーマン」4巻 作品の中で岸辺隊長は多くの名言を残しています。

99

岸辺は見た目によらず、根っから優しい性格をしていることがわかる名言です。

それどころか、自身の思惑は 「最強のデビルハンターを倒せる最強の悪魔にする」ようにもとれる発言をしています。

この時点で岸辺が、マキマの正体が「 支配の悪魔」であることまで看破していたのかは不明ですが、「 人間様の味方でいる内は」という言い方から少なくとも悪魔であることは悟っていそうです。

自身が付けている眼帯を外し、そこに刺さっている弓矢を外す事で魔人の姿に変身。

そしてそれから更に時間は進み2人が出会ってから1年が経過。

当時は「狂犬岸辺」と呼ばれるなど、かなり粗暴だったことが伺える。

岸辺とクァンシの関係についてはこちらの記事にまとめています。

562• もし岸辺を支配できるなら、岸辺が契約していた悪魔の力も行使できる上に、マキマの計画を邪魔する者もいなくなって一石二鳥だったはずです。

つまりマキマにとって岸辺は注意するべき人間ではないという判断だったのでしょう。

岸辺はデンジにマキマの生まれ変わりであるナユタを預けて消えます。

46
「」の人気記事• 指南役のデビルハンターであり死亡した姫野の師匠でもあります 300• 立場だけで言えば同僚同士ですが、後述する通り 岸辺はマキマのことを全く信用しておらず、牽制したり抹殺を計画している描写があります
330• が、 それに対するクァンシ様の返事は「嫌だ」という一言とやっぱり容赦ないパンチ 正直何故パンチされたのかわからない感じですし、 結構な理不尽ですよね 「人間様の味方でいるうちは見逃してやる」と言っていたことから、岸辺はマキマが怪しいとは感じていたようです
内では「」というタグで描かれる事が多い 908• そしてマキマも物語が進むにつれて段々「支配の悪魔」としての顔を出してきます
そしてこの生き残った岸辺隊長はこれからも生き証人として全てを観察し、として生きていくことになるだろう 19,688• 参考文献:マン 32話 サムライソードの襲撃の後にマキマと岸辺隊長は一席を設けていた
とはいえそれでも諦めきれないんだろうなぁとも思ってしまったり 若い頃の岸辺は、そんなクァンシを何度も口説いていましたが、そのたびに殴られていました
64