フォード カプリ。 フォードの中古車

カセット 動画プレイヤー• 愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず 大きな損をする事に…。 そのため、過去のカプリとの関連性は一切ない。 特に1992(H4)年以降は日本車を抑え4年連続でアメリカにおけるベストセラー乗用車となった。 HID(キセノンライト)• アダプティブクルーズコントロール• 当時のヨーロッパ・フォードでは、英独ともにV4・V6エンジンを持っていたため、それぞれ<エセックス><ケルン>と愛称をつけて呼び分けるとわかりやすい。 写真は、アメリカの雑誌「プレイボーイ」で、毎年1名だけ選出されるモデル「プレイメイト・オブ・ザ・イヤー(PMOY)」に送られたカプリ。 PMOY には毎年クルマが贈られており、カプリは1970年の賞品だった。 当初のエンジンは1. エンジンや装備を自由に組み合わせできるフルオーダーシステムを、初めて欧州に導入したモデルとしても知られる。 3Lの「ゼファー」、さらに高級な旗艦「ゼファー・ゾディアック」と並んでいた。

カプリ自体の旧態化もあり、1984年にはドイツおよび欧州市場向けカプリは販売を終え、英国市場の右ハンドル版のみが残された。

それはさておき、このカプリMk2とは、速くて安くて楽しい!まさにイギリス版マスタングの異名を持つ車のようだ。

そして1984年に英国以外での販売が終了となった後、1986年12月をもって生産を終了、カプリは17年の歴史に幕を下ろしました。

そして、この記事「最後のカプリ」が、こちら。

メカニズム面では初代を引き継いだが、英独市場で異なっていたパワーユニットは共通化が進んだ。

なお、英国以外に提供されたカプリは、すべてドイツ製だった。

その際、エンジンラインナップも1. 自動駐車システム• と、まだまだ現役でいけそうな感じなのだが・・・! 実は筆者、恥ずかしながらこの車のことはよく知らない。

車はMk Iに機械的に類似していた。

48