日本 レコード 大賞。 レコ大、今年は「賞の買収行為」自粛…乃木坂46受賞で「ドン」周防氏も了承済み

脚注 [] 注釈• このため、2回目の決選投票が行われ、ピンクレディー29票、沢田研二18票となったという。

進行アナウンサー [ ]• 鈴木淳 作曲賞 [ ]• 海峡をこえて…名歌彩々/•。

74

第51回(2009年):(当時TBSアナウンサー)• 松田聖子の登場を一つの起点として、 1980年代は空前のアイドルブームに沸いていた。

しかし古賀らの動きは音楽界の主流派の非協力という形で抵抗を受ける。

TD:荒木健一(新国立劇場)、福田俊夫(新国立劇場内中継)、高木久之(大阪中継)、寺尾昭彦(中継受けサブ)、伊東修(OAサブ)• その頃、金賞(現在の「優秀作品賞」)に選ばれていたのは、前年11月下旬 - 当年11月中旬に発売されたレコードに限られていたが、1979年には「夢追い酒」()、「花街の母」()、「みちづれ」()、「北国の春」()といった、発売されて数年経っている曲が立て続けに大ヒットしたため、この賞が新設された。

「龍神」 最優秀新人賞 [ ]• 2020年12月13日閲覧。

そんな手のこんだ楽曲を、「笑わないアイドル」「無表情なアイドル」と言われたWink(ウィンク)がドライに歌い上げるのが魅力となった。

続く次作「ガラスの十代」も1位になった。

この後も、沢田研二は「TOKIO」「サムライ」など大ヒット曲を連発することとなる。

作詩賞、作曲賞、編曲賞と共に第1回(1959年)から設けられた賞である。

40