ゴールデン カムイ 235。 ゴールデンカムイ、無料マンガ、無料漫画、Free Raw。

刺青人皮は役に立たないと確信を持っていたのだろう、と房太郎。
(ていうかそもそも「銃を持ってるから郵便配達員を襲うなよ」という脅しのための携帯なんでしょうね) 弾がきれたらそこでよしときゃいいものを、興奮した少年が銃を手渡し。 なるほど。 スポンサードリンク しかし海賊は違うんじゃないかな……。 郵便配達人は床をゴロゴロ蠢きながら何発も発砲していく。 「舐めんじゃねえ!! 蹴散らしてやるぜ!!」 船員は海賊が乗っていない方の小舟に突撃するように舵を切る。 今のところ、杉元VS海賊というよりは杉元+海賊VS蒸気船乗組員、そして次回、接近してきた蒸気船に乗っている兵隊との戦いに発展していきそうな流れに思える。
14