花 より 男子 2 次 小説。 花より男子・二次小説

俺は、その手を乱暴に振り払うようにすると、歩き出した。

いや、いいんだ。

一通り、食事が終わり、デザートのケーキを食べていた時だった。

俺はお前とは違う。

駆け落ちでもいいじゃないか。

そういう内容に不快感を持つ方や花男のイメージを大切にしている方には、当方としては閲覧をお勧め致しません。

仲の良かった同僚の話では、 玲人に会うために、神崎家を訪ねてきていた事、そこで、玲人との事を話すも許してもらえず、代わりに、フランスでのソムリエ留学と手術費用を条件に、別れるように告げられたという。

久々に日記を書かせていただきます。

10