大変 お疲れ様 で した。 「お疲れ様」という表現をもっと丁寧にするには?

しかし、「お疲れ様でございます」は敬語ではあるけれど、あまりにも丁寧すぎる表現なので違和感を覚える人もいます。

(電話で)「いつもお世話になっております。 急いでいる人、忙しい人には、結論ありきの短いメールが喜ばれます。 しかし、時代は変化し「お疲れ様」という表現を目上の人や同僚に述べることが間違いではないということを会社の研修で学ぶこともあります。 〇〇さんは、私たちにとって特別な方です。 朝会ったときは「おはようございます」• 社長に対しての時と同様よく思わない場合もあります。 (顔を合わせて)「お世話になります。 」です。 」というだいぶ上から目線の文言になってしまいます! 常識がある上司がこのメールを見たら、「こいつはビジネスマナーを知らないやつ」という烙印を押されてしまう可能性があるので注意してくださいね。
9
目下の方からは「お疲れ様です」それに対する目上の人・上司がリアクションとして「ご苦労様」という言葉を使うと良いとされています。 このようなケースでお客様に「お疲れ様でございます」を使用することができます。 「部長、お疲れ様です。 相手と自身の関係をしっかりと理解した上で「大変でしたね」という言葉を使うようにしましょう。 「お先に失礼します」という言葉は、もともと「失礼とは存じますが、これにておいとまさせていただきます」という言葉から生まれた挨拶です。 ねぎらいの言葉として使うことも出来るということは、目下の人が目上の人に使うことを不快に感じる人もいるのだということを理解しましょう。
72

これはビジネスマナーにおいてとても常識的なことなので、覚えておいてくださいね。

こんなところで、いかがでしょうか。

「労をねぎらう」に加え「自分に労力を割いてくれていることへの感謝」を意識すると「お疲れ様です」の使い方も適切になるのではないでしょうか。

「同僚」に声をかける場合 同僚には気兼ねなく「お疲れ様」「お疲れ様です」とどんどん声を掛け合いましょう。

「先日は大変お疲れ様でした」• まず「お疲れ様」のみに着目します。

社外のクライアントに対しては、ねぎらいの意味を込めたとしても「お疲れ様です」は失礼だと捉えられる可能性があるので注意しましょう。

「お疲れ様」は本来目上が目下に使うが、一般的には誰に対しても使用可 「お疲れ様」は労いの意味が含まれています。

「相手の骨折りをねぎらっていう語」「挨拶として用いる語」とされています。

もしも目下の人が、目上の人に対して「ご苦労様」という言葉を使ってしまうと、とても失礼にあたります。

一方「お疲れ様」にも、同じねぎらいの意味はありますが、こちらは相手が疲れただろうなと思い、疲れに対してかける言葉ですから、こちらはその意味では目下が目上に用いるのは許容の範囲としてみなされるものと思われます。

69