一般アニメサービスシーン。 ファンの応援が次のアニメ作品の資金になる『アニメ製作委員会2.0』、アニメ原画NFTを制作資金に活用するプレ実証実験|一般社団法人オタクコイン協会のプレスリリース

事例として有名なものに以下のようなものがある。

本作品は、オタクコイン協会パートナー・スタジオの1社であり、話題作「シン・エヴァンゲリオン劇場版: 」の制作にも携わっている株式会社アスラフィルムが制作しました。

また、ハプニング的に生じるもの(例えば男性キャラの入浴中に女性キャラが意図せず偶然同じ浴室に踏み込み、全裸を見てするなど)もサービスカットに捉えられることがある。

: 主人公のモテモテ度。

今回のプレ実証実験を通じ、申告オタクコインが100万枚を超えた場合、オタクコインが目指すビジョン「日本のオタク文化を世界に広げる」活動への賛同多数で実験成功とみなし、実証実験(本番)のステップへ進みます。

この項目は、に関連した です。

18 23