江古田 浅間 神社。 江古田浅間神社御朱印・・・の日

正月三ヶ日、7月1日の山開き、9月第二土曜日曜の午前9時から午後3時までのみ登山できる。

なかなかの達成感があった。

客層の多くは近隣にお住まいの方々。

元治2年 1865年)の講碑、大正12年 1923年 震災時の御神体修築の碑が建っているほか、社殿のそばには文化4年 1807年 の石燈籠や文化9年(1812年 の水盤なども残っています。

ほぼ麓、二合目の祠。

(正月三が日・7月1日の山開き・9月の第2土・日曜) 少し並んで拝殿に参拝。

72

なお、別当寺である能満寺の山号は「夏雪山」であり、やはり夏に降る雪の伝説が残る。

浅間神社の思い出は、一個だけ有ります。

1839 天保10 年の築造といわれるが、文化年間(1804~1818年)とする説もある。

江古田浅間神社 江古田浅間神社は、東京都練馬区の、西武池袋線の江古田駅の北口駅前に鎮座する神社。

登拝は年3回の一般公開時(正月三が日・7月1日の山開き・例祭が行われる9月第二土曜・日曜)に限られている。

子供の頃、江古田のとなりの駅から 徒歩7~8分の所に住んでいたのですが、 夏に行った時、浅間神社で行われていた 盆踊り???お祭り???に連れて行ってもらい、 買ってもらった本がありました。

休日にはお子さんと一緒にお風呂を楽しむ家族連れも多いとか。

北口を出るとすぐに江古田浅間神社があり、徒歩2分で日本大学芸術学部のキャンパスにたどり着きます。