東光 ストア。 「東光ストア」メールモニターに応募してみました!

19 29
IP-VPN網は信頼性は高かったものの帯域が不十分だったため、日次のポイントカード情報の更新は店舗当たり1. 直結の店舗となり、24時間営業となった 元石川店(1967年(昭和42年)5月19日開店 - 1979年(昭和54年)3月閉店 ) 開設時から鮮魚や青果の直営での販売が行われた
関連会社 [ ]• 青山店(港区3-3-7B-101 、1963年(昭和38年)4月27日開店 - 2010年(平成22年)2月期に閉店 ) 売場面積は1,215m 2 デザインはの(東京都在住)
同年7月には東横百貨店(現・東急百貨店)との共同出資によって設立した東光ホームマートと東光フードマートが出店した• 粕谷台と同じく、新日鉄の従業員向け団地として開発された上野台にも出店していた 荏田南店(1988年(昭和63年)5月開店 - 閉店) 株式会社マインズが開設
当店で展開された省力化などの近代化策は当社の経営合理化審議会で検討が重ねられて他の店舗へ展開された 10月13日 - 北海道東急ストア1号店として宮の森店を開設
〒065-0012 北海道札幌市東区北12条東7-1-15• こうした小型店戦略の一環として、半径500mを商圏とした売場面積250から500m 2の小型スーパーでドミナント戦略を強化することになり、1987年(昭和62年)8月にマインズ第1号店桂台店(売場面積445m 2)を開店したのを皮切りに多店化を進め、1988年(昭和63年)5月には 株式会社マインズとして独立させた
2004年4月14日• 売場面積は2,101m 2 (平成18年)• 7月14日 - トップシューズを設立
2004年10月、第二位の株主(当時)であった東急ストアと商品調達や物流、人事、システムで業務提携して東急グループの経営資源を活用して競争力強化を目指した 2代目 本八幡店(市川市南八幡4丁目9番1号 、1970年(昭和45年)10月29日開店 - 1979年(昭和54年)7月閉店 ) 長崎屋サンショッビングセンターへ出店していたが、長崎屋が食品売り場の直営化のため返還を求められたため閉店した
(9年)• 土気あすみが丘店(千葉市緑区あすみが丘7丁目1番地 、2000年(平成12年)10月6日開店 - 2011年(平成23年)7月31日閉店 [ ]) あすみが丘ニュータウン中心部に2000年(平成12年)10月6日に開業した ショッビングセンター「プランニューモール」 の核店舗として出店していた総合スーパーである 西口店 - 移転し、2009年(平成21年)3月31日にモレラ東戸塚店が開店した
21