パグカフェ。 CHARAUM CAFE キャラウムカフェ

私たちは以前に何度かお邪魔していたので、会員さん料金で入ることが出来ました。

不定休なのでご注意! その月毎にWebに営業日のお知らせがあるようなので行く際は要チェック。

300円 これを持つと全パグが集まってきます。

犬カフェはただ癒されるだけでなく、犬との生活をより具体的に描くことができる場所。

なんでも、十数匹のパグを可愛がりまくれるらしい。

パグでしたらセットで 2,000円でやってもらえます! もちろん個別でお願いすることも可能です。

所在地 電話番号 03-3227-2999 営業期間 10:00~20:00(L. 満足度200パーセントだったことを報告したい。

てことで、おやつをあげている人に群がるパグちゃんたち! 「早くおやつちょーだい!」 おやつをあげようとゴソゴソしていると、催促されました! 可愛いですのぅ、たまらんですのぅ。

どうにかして、この欲求を満たす方法はないものか。

もちろんパグ以外の犬種のワンちゃんたちも来店OKです! 基本情報 ドックカフェ「こふみ」の基本情報です。

国内にはパグ専門の犬カフェが4軒ほどあるようだが、今回紹介する「リビングルーム」は、その中で最も規模が大きいと言っても過言ではない。

66
調べてみると犬と一緒にいけるカフェが出てきたり趣旨が違う(笑) でも都内にも犬カフェ(ドッグカフェ)あるみたい! 今度行ってみたいと思ってますのでまたその時はブログにしますね〜! 今回はそれとは違いますが、犬カフェの更に個性的なパグ好きな人のためだけのパグカフェが存在することをご存知ですか!? とても気になっちゃいました!🐶 パグカフェ「Living Room(リビングルーム)」 そんな夢のような犬カフェは、 京都にありました。 クシャっとした額、クリクリの潤んだ目、ぺしゃんこの鼻。 目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。 しかも、大人しくてお利口な、美男美女のワンコがそろっている。 今は5世代目の孫やひ孫にあたる可愛い盛りの生後2ヶ月のパピー4頭がいます!去年は、最愛の娘達(ミニパグあっちゃん12才・プリン11才)を相次いで亡くし突然のお別れで背中を押されるように、以前からやりたかった保護犬活動もはじめ、廃業のブリーダーから、10年間ベッドもないコンクリートの部屋に閉じ込められ、名前も散歩も可愛がられる事もなく、何の楽しみもない子供を生むだけの道具として扱われてきた、医療も受けることなくハゲハゲで目も耳も皺もドロドロ、歯もボロボロの爪も魔女のように伸びゾンビみたいな姿で、死んだ目をした暗い顔の繁殖リタイア犬2頭をレスキューで受け入れました。 英国獣医師会()幹部のグドゥルン・ラビッツ()氏によれば、過去2、3年の間にパグの人気は急上昇している。 パグを触ったり膝に乗せたり、おやつを与えているとアッという間に時間が過ぎてしまうのだ。 記者もそのひとり。 あの頃は必ず2匹はいまして、今はハナだけなので寂しそうな姿がいつも申し訳ないと思ってしまいます。
28
こちらの犬カフェでは、犬好き同士の合コンも開催していて、実際にいぬのじかんでの合コンがきっかけでご結婚されたカップルもいるそうです。 パグちゃんはそれぞれ性別も性格も異なるのでいろんなパグちゃんと触れ合えるのは なかなか珍しい体験ができるのではないのでしょうか! 一緒に記念撮影もすることができます! ペット同伴も可能なので、たとえば私の場合ハナと一緒に行って一緒に遊んでもらったりできちゃいます。 こちらの犬カフェの魅力は、何と言ってもリードフリーなところ! リードを離して自由に遊ばせることができるのが嬉しいですよね。 一番胸が痛いのが、ここで生まれ育ち毎日のようにたくさんの方々に愛され可愛がられきた我が子同然の看板犬のパグ達で、全力で癒しを提供し笑顔と笑い声で溢れていた賑やかな店内から突然人がいなくなり、意味が分からないでいる寂しそうなパグ達の姿がいたたまれません!コロナという全世界・全国を巻き込み先行き不透明で開店休業中の間を、行きたいけれど今は行けない!という方々に、コロナが終息しご来店できるようになった際の割引券や回数券、オリジナルグッズや福袋他、お得でワクワクするような素敵なリターンの『行ったつもり支援!』で募り、また皆様が癒しに京都のパグカフェを訪れるようになるまでのパグパラダイスを守るべく、パグカフェテナント費、看板犬17頭のパグ達の維持費、スタッフ人件費にと思います。 パグには呼吸がしにくいという問題や目の病気、椎間板ヘルニアなどの症状がみられることが多いという。 移転先では予約などが基本的に必要なく、料金も大きく変わっています。 その理由は、カフェに在籍するパグ犬の数。 ハナにも楽しく幸せに過ごしてもらいたい。 選択したリターンの変更・キャンセル・返金は一切受け付けておりません。 とにかく今年に入り、急な足止めに貯えで繋いでますが、この先どうなるかが不安でコロナが終息するまでの間を、看板犬みんなの活躍の場の世界の癒しのパグカフェを維持していけたらと思います!パグ飼い、パグを飼ったことがなくこれから飼いたい、飼いたいけれど諸事情で飼えない、飼っていた最愛のパグを亡くしてしまった、とにかくパグ、ペチャ好き!など、これまで全世界・全国から訪れる方々を全力で癒してきたパグ達の生き甲斐!活躍の場を!ワールドワイドな癒しの場を守るべく、一体いつになる?!コロナ終息まで皆様と一緒に乗り越えたいです!! 資金の使い道・実施スケジュール コロナが終息し、また全世界・全国から皆様が癒しにパグカフェに訪れるまでの、開店休業中のパグカフェ維持の為の数か月分の最低限の固定費(オーナーや家族分の給料無し)パグカフェテナント費や光熱費、スタッフ人件費、看板犬維持管理費補填と備えに。
77