徳川 家慶。 政治に関心なし?ペリー来航という不運に翻弄された12代徳川幕府将軍「徳川家慶」 (2021年4月15日)

大御所となった徳川家斉は、自身の治世と変わらず贅沢な暮らしを続けており、幕府の財政は悪化の一途を辿るばかり。

(初め 慶恕、慶臧養嗣子)• (甥(母は家慶の異母妹・))• 正室・継室• (娘婿、田安斉匡の九男、父の跡()を継ぐ)• 徳川家慶は財政を省みず、贅沢な生活をしている父の徳川家斉に、反発心を抱いていましたが、徳川家斉が大御所として実権を握り続けていたため、徳川家慶は12代将軍となったものの、発言力は強くありませんでした。

家定が将軍らしい行動を見せたのは、これが最初で最後であった。

を行った最後の将軍である。

スポンサーリンク お由羅騒動・・・島津斉彬が藩主就任 家慶は、間接的にではありますが、後の「」を支援しています。

秀忠(2代将軍)• この事件を「蛮社の獄」(ばんしゃのごく)と呼び、以後の蘭学の在り方に大きな影響を与えました。

51