シマノ 新 製品 2020 予想。 シマノ 100周年 の新製品を大胆予想してみた!!│北海道釣りブログ

2021 ステラ アンリミテッド スピニングリールの最高峰「ステラ」は2018年にフルモデルチェンジしたばかり その詳細を下記にご紹介していきます
素材にマグネシウムを採用した「フルメタル(Mg)モノコックボディ」を採用しているのが大きな特徴で、20ルビアスはZAIONモノコックボディであるため、2つのリールを比べた際はボディ素材が大きな違いとなります 2021 メタニウム DC 「5年間、フルに使えるベイトリールが出ましたよ!」
今回取り上げた製品以外にもまだまだありますので、詳細はシマノのホームページまたはカタログをご確認ください 非接触式防水構造の「Xプロテクト」で防水性もばっちりです
ヨーロッパでディーラー対象に新型のプレゼンテーションが行われた模様です また大口径化されたドライブギアにも、G1ジュラルミンが採用されています
ダイワの2021年リールモデルチェンジ予想 ダイワではスピニング・ベイトともに、フラッグシップのモデルチェンジが期待できそうです さすがに2021年にモデルチェンジは無いと思いますが、100周年記念に合わせて何らかの記念モデルは出るかもしれません
サンウェブやグルパマFDJがホイールのプロトタイプを使っている模様 ベイトリール・スピニングリールともに最新テクノロジーを搭載した注目製品ばかりです
com• ただシマノは、「96 カルカッタ50XT」や「01 カルカッタコンクエスト50」といった、軽量ルアーを快適に投げられる小径スプールモデルを昔からリリースしていて、むしろベイトフィネスの源流となる軽量特化スプールはお家芸 20メタニウムは海水に対応しているため、 2020年の新製品は海釣りをされている方には特に嬉しい内容ではないかと思いました
冷たい空気は断熱しつつ、保温性が高いので寒さによる体力低下を防いでくれる この記事の内容• com• 願わくば… より安価な、 トラウトワンASのベイトモデルを新しくしてくれたら嬉しい
ノーマルモデルはラインローラーとピニオン部、FCモデルはピニオン部に「マグシールド」を採用しています この記事の目次• 「ロングキャスト-ABS」「エアローター」「マグシールド」といった基本機能に加え、超軽量な「ハイグリップI型フィネスノブ」を小型スピニングリールで初搭載
サテライトスイッチとデュアルコントロールレバー間は有線接続になる可能性が高そうです 繊細で小さなアタリを捉えられる巻き感度を実現しています
20
100周年を記念するも開設され、2021年3月23日には「100周年アニバーサリー本サイト」がオープンする予定。 なんとなく、ストラディックSWに既存の技術を乗せるだけ乗せた感じがあるので、 ツインパワーSWには何か新しい技術が採用されるんじゃないかと、ワックワクはしております。 中型青物やタチウオジギング、タイラバと、多くのターゲットをオフショアで狙うアングラーにおすすめです。 20メタニウムは海水に対応しているため、 2020年の新製品は海釣りをされている方には特に嬉しい内容ではないかと思いました。 シマノ2021年新製品ベイトリールのラインナップ アンタレスDC リンク アンタレスDCが5年ぶりにモデルチェンジしました。 番手は8000~18000番。 2018年に海水対応でチューンナップされた「アンタレスDC MD」が発売されたものの、そろそろ新機能を搭載したフルモデルチェンジがあってもおかしくはありません。 画像:シマノ公式HPより引用 ずばり、2021年はエクスプライドがモデルチェンジすると予想します。 僕自身も早速21ジリオン SV TWを手に入れました。
56