竹田 の 子守 唄 歌詞。 日本の子守唄 歌詞の意味

全く異なる歌詞が付けられているため、元の歌が日本の子守唄であることすら知られていない。

子守唄とは これから、「竹田の子守唄」の元歌を導入聞いてもらいます。

その先に、赤い鳥の「竹田の子守唄」がどのようにヒット曲になったかをお話ししなくてはなりません さて、ここに取り上げた歌詞は民謡ですからいろいろなヴァリエーションのあるもののうちの一部、家の貧しさからまだ子供のうちから裕福な家の子守奉公に出された娘たちの悲惨な状況をそれでも笑い飛ばしているかのような歌
(のメンバー)- 『』に収録 お母さんの歌を聴いた尾上さんは、びっくりしてしまいます
そして「竹田の子守唄」で、ヤマハのコンクールでグランプリを獲得し、プロ・デビューするわけです 先ほど、おばあちゃんたちがうたい継いだ子守唄は素晴らしいと同時に、部落差別の象徴だと言いましたが、そこには、その前の世代のおばあちゃんたちの苦しみがあるわけで、それを越えていかなければならないのです
当然、部落の女性たちも子守よりは条件のいい工場へ行こうとしますが、そこで就職差別にあいます これは、竹田の皆さんにいただいたテープイすが、私たちが知っている赤い鳥の歌とはずいぶん違い、さらにリアリティのあるものです
- 『ジローズ登場 戦争を知らない子供たち』に収録 彼女は、地元の子守唄や昔の歌をたくさん知っていたからです
8 20
- 作詞、作曲の『』で曲中に引用 尾上も問題とされた箇所の歌詞の削除を求められたことがあり、また元唄と旋律が違うとしてJASRACに本作の補作者として登録してもらおうと申請したが却下された
又そのなかでも被差別村で比較的長く、「子守」が残ることにより、「竹田の子守唄」などの子守唄が伝承されたのでしょう さて、この「竹田の子守唄」、ヒットしたのは1972年頃でしょうか
かつては「部落に文化なんかない」なんて言われました カラオケの画面に出る歌詞は、まったく初めて目にする
雑穀に混ぜて量を増やす 一九七〇年代に赤い鳥がうたって、日本を代表する民謡となったこのフォークソングは、京都市伏見区の竹田部落の民謡をもとに、うまれた
- 『コモリウタ』に収録 唄を取り巻く状況 [ ] 『人生』をに登録する際には、作者不詳として申請するように言われたが、すでに他の人も唄っているのに無視することはできず、後藤は「作者がいるはずだ」と、高校時代のクラスメイトのとともに唄の「起源」を探ることにした
藤田正は「『人生』の歌詞は、私には人生の見方が多少わかっているという驕りを後半に漂わせ、当時のフォークシンガーたちの青臭さや説教臭さを見抜いて批判した、山上によるフォークだが 、『人生』にはオーラがなく『竹田の子守唄』は歌詞の意味はわからなくても圧倒的迫力があるのは明白で、旋律と歌詞は切っても切り離せない関係の唄だ」と指摘している 「竹田の子守唄のA面の最後は、もう一度日本民謡でひきしめます
ある研究者によると、地元の子守唄を実際にうたったことがある人の年齢を、部落と部落でない地域とで比較すると、二十年の差があったそうです 同じように、幼い守子の心情を歌った「子守唄」としては、「おどま盆ぎり盆ぎり」の歌いだしが印象的な『』や、「ねんねこ しゃっしゃりませ」が歌いだしの『』が有名