アマテラス の 暗号。 大袈裟な「アマテラスの暗号」

賢司の父は日本の古い神社 の宮司の家系で、 その神社の歴史はとても古く 彼の父は八十数代目だったようです。 ここまでは太鼓判。 ケンシの父は、日本で最も長い歴史を誇る神社のひとつ、丹後・籠(この)神社の宗家出身、第82代目宮司であった。 「アマテラスの暗号」という小説を読みました。 神道といわれても 正直よくわからないけれど この本を読むと 今まで気にもしてこなかった 日本人はどこから来たのか? 今まで知ることのなかった 古代史についても 学ぶことのできる内容となっています。 わたし最初は、架空の話なのか現実の話なのか、区別つかないで読んでたんですが(笑)、ものすごーくたくさん関連写真が載っているので、「あ、現実にある説なのか」とわかります。

資金力 賢司は父である海部宮司が亡くなる前に残した「アマテラスの暗号」を解読するために日本各地にある神社を訪ねて回ります。

彼は強盗目的で殺されたのではなく プロの手によりサイレンサーにて 2発撃たれていて、 違う日には彼の友人も違う日 に同じ部屋で殺害されているのです。

公開されているお写真をいくつか拝見させていただきましたが、竹久さんは和服がよくお似合いですね。

アマテラスの暗号 著:伊勢谷 武 日本古来の神様や天皇家にまつわる歴史ミステリーです。

その最高位の伊勢神宮に 祀られている神道の最高神は アマテラスなのです。

(自分はkindleで読みましたが、写真はカラーが多いらしいので、タブレットなどで読んだ方がより良さそうですね) 「アマテラスとかスサノオとかは聞いたことある〜。

今回ご紹介する一冊は、 伊勢谷 武(いせや たける) 著 『アマテラスの暗号』です。

たぶん作者さんもそのバランスどうするかは悩んだんじゃないかなと思います。

テーマやストーリー展開は面白いですが、中盤以降若干ペースがもたつく所と、ある程度の知見がないと、臨場感が伝わって来ないのが残念なところです オススメ1仮説と検証のサイクル 何といっても、緻密に積み上げられていく仮説と検証のサイクルが見ものです。

47 13