白 華 の 姫 あらすじ。 【白華(はっか)の姫】 あらすじ全話一覧

29
動物の耳(いわゆる)に縦長の瞳という身体的特徴からも、人間とは異なる種族である。 星組 塔の魔女3人組で作成されている以外、不明。 すると、自分は西啓の皇帝・容斉の妹の容楽だと言われる。 パワー系の魔女で、身体の一部、または全体を鋼鉄で覆う魔法「スティールコーティング」を使う。 仄と綾火の許婚を提案した張本人で、その理由は「子供が結婚すれば、かざねちゃんは私とずっと一緒」というもの。 正直、全体としての出来は微妙。 ウイークエンド戦の際には「本当は逃げ回っていれば良いだけの話だったのだけれど、どうしてもあの金髪女は自分の手で倒したかった」のが真の理由であるのに「街を救うため」と仄を言いくるめ、仄の命をさんざん窮地に追い込んだことなどから、「仄のため」という以外に自分の暴力欲求などを満足させるためとも思える節も多々ある。 第2部開幕。
21